ページ内を移動するためのリンクです

貧血性母斑 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ひんけつせいぼはん

貧血性母斑

貧血性母斑について解説します。

執筆者:

どんな病気か

生まれつきの蒼白(そうはく)な斑です。入浴や、皮膚をたたいたり刺激を加えても、まわりは充血するのにそこだけ白いまま残るのが特徴的です。限局的な血管神経の機能異常が原因といわれています。とくに胸、上背、上腕部に多く、顔面や手足には少ないようです。後述の母斑症(ぼはんしょう)のレックリングハウゼン病の一症状として出ることがあります。

治療の方法

有効な治療法はありません。見た目の問題が主になりますので、化粧で隠す(カバーマーク・資生堂など)程度になります。悪性化などの心配はないので、経過をみるだけでよいでしょう。

貧血性母斑の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×