ページ内を移動するためのリンクです

光老化 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ひかりろうか

光老化

光老化について解説します。

執筆者:

光老化の解説(コラム)

 「老化」とは人が年をとる時に起こる体の変化です。皮膚の老化はしわが増えたり、しみができたり、あるいは皮膚が薄くなったりします。

 紫外線による皮膚の老化を「光老化」といいます。繰り返し日光(紫外線)にあたる部分は、しわやしみができやすいことがわかっています。このような部分では皮膚の弾力線維が変性するため、皮膚のはりがなくなります。また、きめが荒くなり、つやがなくなり、くすみが出て皮膚が黄色っぽくなります。

 このほかに、紫外線に繰り返しあたった皮膚は、皮膚がんや皮膚がんの前駆症状が現れやすくなります。

 日焼けしやすいスキンタイプIの人(紫外線で赤くなりやすく、その後、黒くなりにくい)は、紫外線の悪い影響を受けやすいので注意が必要です。

 光老化を予防するためには、外出時には帽子、日傘、サンスクリーンなどを用いて、紫外線が直接皮膚に作用しないように注意することが重要です。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります