ページ内を移動するためのリンクです

機械的色素沈着(ナイロンタオルなどの摩擦による) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

きかいてきしきそちんちゃく(ないろんたおるなどのまさつによる)

機械的色素沈着(ナイロンタオルなどの摩擦による)

機械的色素沈着(ナイロンタオルなどの摩擦による)について解説します。

執筆者:

どんな病気か

ナイロンタオルやボディブラシなどを使って、強い力で毎日皮膚を摩擦したために生じた色素沈着をいいます。摩擦メラノーシスともいいます。

原因は何か

慢性の機械的刺激が皮膚に加わったために起こります。

症状の現れ方

脊椎骨(せきついこつ)、鎖骨(さこつ)、肋骨(ろっこつ)などの骨の直上の皮膚に一致して、黒色~褐色の色素沈着がみられます(図17)。一般に、やせた人に生じやすいとされています。色素沈着の境界ははっきりしません。

検査と診断

ナイロンタオルやボディブラシで皮膚を摩擦していたという事実と、皮膚の色素沈着から診断は容易です。病理組織学的検査では、メラニン色素を貪食(どんしょく)したマクロファージという細胞が多数みられます。

治療の方法

ナイロンタオルやボディブラシで皮膚を摩擦することを中止します。皮膚の色素沈着は、次第に軽快する可能性があります。色素沈着が完全に消失するには、長時間かかります。

病気に気づいたらどうする

強い力で毎日皮膚を摩擦することを、すぐに中止します。皮膚科専門医を受診して指導を受けるのがよいでしょう。

機械的色素沈着(ナイロンタオルなどの摩擦による)の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります