ページ内を移動するためのリンクです

環状紅斑 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

かんじょうこうはん

環状紅斑

環状紅斑について解説します。

執筆者:

どんな病気か

輪状あるいは環状の形をした紅斑を示す皮膚病の総称です。

原因は何か

リウマチ・膠原病(こうげんびょう)に伴うもの(リウマチ性環状紅斑、シェーグレン症候群亜急性皮膚エリテマトーデス)、ライム病(ボレリアというスピロヘータの感染症)による慢性遊走性紅斑(ゆうそうせいこうはん)、内臓の悪性腫瘍に伴うもの、妊娠に伴うもの、虫刺症(ちゅうししょう)によるもの、原因不明の遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性(きゅうしんせい)紅斑など、多様です。

症状の現れ方

環状紅斑の生じる部位、広がる速度、鱗屑(りんせつ)(薄皮のむける状態)、かゆみの有無などの違いだけでは、どの皮膚病による環状紅斑なのかの判断は困難です。ただし、木目状あるいは年輪状を示す場合は、匍行性迂回状紅斑(ほこうせいうかいじょうこうはん)と呼ばれ内臓の悪性腫瘍による可能性が大です。病気によっては皮膚以外の症状を伴うことがあります。

検査と診断

症状の現れ方と皮膚生検(皮膚を数㎜切り取って行う病理組織検査)から、どの病気に該当するのかの見当がつきます。リウマチ・膠原病であれば血液検査で自己抗体を、シェーグレン症候群であれば涙液や唾液の出方を検査します。

内臓の悪性腫瘍が疑われる場合は、全身の精密検査が行われます。

治療の方法

原因がわかった場合は、その病気の治療が行われます。たとえば、ライム病による慢性遊走性紅斑であれば、テトラサイクリン系(ミノマイシンなど)またはペニシリン系抗菌薬(パセトシンなど)を2~4週間、内服投与します。

原因不明や原因を取り除くことができない場合は、症状を軽くするために副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬の外用または内服が、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬(アタラックスなど)の内服がある程度は有効です。

病気に気づいたらどうする

まず皮膚科専門医を受診し、原因を調べる検査を受けてください。もとになる病気によっては、内科や各専門科での検査や治療も必要になります。

環状紅斑の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×