ページ内を移動するためのリンクです

先天性喘鳴 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せんてんせいぜんめい

先天性喘鳴

先天性喘鳴について解説します。

執筆者:

先天性喘鳴の解説(コラム)

 原因の半数近くは喉頭軟化症(こうとうなんかしょう)ですが、他の原因がないか、また複数の疾患が合併していないか、詳しく診断を受けることが重要です。喉頭軟化症や徐々に増大してくる血管腫(けっかんしゅ)、乳頭腫(にゅうとうしゅ)では、生後5〜6週してから喘鳴や呼吸困難が現れますが、両側声帯運動不全(りょうそくせいたいうんどうふぜん)(麻痺)や先天性喉頭狭窄(きょうさく)、嚢胞(のうほう)では、出生直後から呼吸困難が高度で、気管内挿管や気管切開が必要なことが多いようです。しかし、ファイバースコープでの診断が難しい場合も多く、全身麻酔下に観察してやっと診断がつく場合もあります。

 喘鳴は主に吸気の時に聞かれ、いびきよりピッチがやや高いものです。また、急性声門下喉頭炎(きゅうせいせいもんかこうとうえん)(クループ)で声帯の下方がはれてくる場合には、犬の遠吠え様と形容される独特な喘鳴が起こります。喘鳴が大きくなると、前胸部や鎖骨(さこつ)上部が吸気の際に陥没してきます。

 喘鳴の音が大きくなったり、喘鳴が突然起こるようになった時には、急性炎症、気管・気管支異物、喉頭けいれんなどを合併している場合もあります。乳幼児の場合には、全身状態が急激に悪化し生命に関わることもあるので、早急に小児科医や耳鼻咽喉科医の診察を受けてください。

のどの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります