ページ内を移動するためのリンクです

歯科治療と金属アレルギー 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しかちりょうときんぞくあれるぎー

歯科治療と金属アレルギー

歯科治療と金属アレルギーについて解説します。

執筆者:

歯科治療と金属アレルギーの解説(コラム)

 歯科用金属は、単体ではなく合金で用いられます。以前は純金を用いることもありましたが、現在ではほとんどなくなりました。そのため、冠やブリッジ、入れ歯を入れている口のなかには、多くの金属が存在することになります。

 アレルギーとは、抗原抗体(こうげんこうたい)反応によって起こる生体反応の異常な状態をいいます。金属アレルギーは、金属やその化合物が原因(抗原、アレルゲン)となって起こるアレルギーをいいます。

 歯科で用いられる主な金属は、金・銀・パラジウム・白金・銅・亜鉛・スズ・コバルト・クロム・チタンなどであり、これらのすべてがアレルギーの原因金属になる可能性があります。また、ピアスやイヤリング、ネックレスやブレスレット、時計や指輪などに用いられている金属も同様に、アレルギーの原因となる可能性があるので、体に触れている金属はすべてアレルゲンの可能性があると思ってください。

 歯科用金属アレルギーの症状は、口のなかの粘膜がはれる、赤くなる、水疱(すいほう)ができる、びらんや潰瘍ができて出血があるなどで、味がおかしい、味がしないなどの味覚異常や、口のなかの違和感・掻痒感(そうようかん)などの感覚異常を生じることもあります。

 また、ピアスなど口のなか以外で歯科用金属と同じ金属を使っている場合は、症状は口だけでなく他の部位にも現れます。

 歯科治療の前に金属アレルギーがわかっていれば、原因金属を用いないで歯科治療を行います。処置後に判明した時には、アレルゲンとなっている金属の除去・撤去が必要です。歯科と皮膚科の連携による治療が必要な時もあります。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります