<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

すてろいどざそう

ステロイド舫瘡(ざそう)

ステロイド舫瘡(ざそう)について解説します。

執筆者:

ステロイド舫瘡(ざそう)の解説(コラム)

 副腎皮質ホルモン薬あるいは蛋白同化ホルモン薬の内服または注射によって生じるざ瘡様皮疹(ざそうようひしん)をいいます。

 顔面よりむしろ前胸部・背部の毛穴のところに赤い丘疹(きゅうしん)、膿疱(のうほう)が生じます。比較的急激に発症すること、尋常性(じんじょうせい)ざ瘡の初発疹である面皰(めんぽう)がほとんどみられないこと、いっせいに紅色丘疹が生じ、いっせいに消えるため新旧の発疹が混在せずに、均一な皮疹であることが尋常性ざ瘡とは異なります。

 治療は尋常性ざ瘡に準じますが、ステロイド薬の減量・中止により比較的すみやかに軽快するので心配いりません。

 発疹に気づいたら、まず薬の処方を受けた主治医に相談してください。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。