<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

おなかが痛い(腹痛)<子ども>

執筆者:

腹痛

おなかを痛がっていても比較的元気があり、全身状態がよい場合は、一度は診察を受ける必要はありますが、一般的には緊急性は少ないといえます。

腹痛に伴う症状では、とくに熱、吐き気、嘔吐、下痢、便の性状、顔色などが重要です。嘔吐や下痢があり、口から水分がとれない時や、血便が出てチアノーゼ(唇、爪、指先などが紫色になること)がみられる時は、急いで専門医に診てもらわなければなりません。

腸重積症は2歳以下、とくに生後4カ月から1歳までの乳児に起こりやすい緊急性の高い病気です。腹痛や嘔吐、不機嫌、急に激しく泣いては治まる間欠的啼泣(ていきゅう)、脱水、粘血便、ショック症状などが重なって現れ、続くようなら、夜間でも救急外来を受診する必要があります。

腹痛から考えられる主な病気

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。
病気名を選択すると、その病気の解説へ遷移します。

嘔吐

症状 疑われる病気名
発熱 タール便、新鮮血便、貧血、腹部膨満 メッケル憩室
繰り返す腹痛(とくに脂っこい食事のあと)・嘔吐・発熱 先天性胆道拡張症
上腹部痛から強い右下腹部痛へ 急性虫垂炎
血便、下痢、意識障害 細菌性急性胃腸炎
5歳以下、おなかのしこり、貧血、頻尿、足の麻痺、呼吸困難 神経芽細胞腫
2歳以下、不機嫌、急に激しく泣いては治まる、血便、脱水、腹部膨隆 腸重積症
吐血、タール便、貧血 消化性潰瘍
少なくとも1カ月に1回、3カ月以上続く腹痛、痛みは1時間以内に治まる 反復性腹痛
血便、手足の紫斑、関節痛 血管性紫斑病
便秘、腹部膨満・膨隆 腸閉塞
その他 発熱のチャート 嘔吐のチャート 下痢チャート 便秘のチャート 感染症のチャート
[ご利用上の注意]
一般的な医学知識の情報を提供するもので、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医療機関にご相談ください。