<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

かんでんした<おうきゅうてあて>

感電した<応急手当>

感電した<応急手当>について解説します。

執筆者:

解説

  1. 【1】まず、救助者が感電しないようにゴムなど絶縁体の手袋・靴を身につけて、あるいは絶縁体を使って、電源を切る。
    • ぬれた手で電気に触れないこと
  2. 【2】受傷者を電源から引き離す。
  3. 【3】意識障害、呼吸困難があるなら、ただちに119番に通報し、救急車が来るまで心肺蘇生法を続ける。救急車の呼び方)

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。