<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

らてっくすあれるぎー

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーについて解説します。

執筆者:

ラテックスアレルギーの解説(コラム)

 天然ゴム製品に含まれるラテックスという水溶性蛋白質による即時型アレルギー反応を指します。ゴム手袋やコンドーム、ゴム風船などに触れるとその部分がはれたり、じんま疹がみられ、重症になると喘息(ぜんそく)発作やアナフィラキシー反応を生じます。医療従事者など頻回にラテックス製品を使用する職業では次第に症状が重くなります。

 天然ゴム製品に触れないことで予防できますが、重症例ではゴム手袋の内側のラテックスの付着したパウダーを吸い込んだだけで喘息発作を起こすことがあります。手袋などはラテックスの入っていない製品(ラテックスフリー製品)が市販されています。

 また、ラテックスアレルギーはバナナ、クリ、アボガド、キウイなどの果物と交差反応を生じ、これらの果物を食べるとのどのかゆみ、口唇や顔面の腫脹、じんま疹が出現し、さらに症状が進むと喘息発作やアナフィラキシーを起こします。これらの果物にラテックスに含まれるアレルゲンと類似した構造をもつ成分が含まれているためで、これをラテックスフルーツ症候群と呼びます。

 症状が軽い場合は抗ヒスタミン薬の内服でおさまりますが、重症例ではそれぞれの症状に合わせた対症療法が緊急に必要となります。

      アレルギー疾患を読んだ人によく読まれている記事

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。