<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

しがいせんとひふ

紫外線と皮膚

紫外線と皮膚について解説します。

執筆者:

紫外線と皮膚の解説(コラム)

 紫外線は、皮膚でのビタミンDの活性化を促す作用があり、体に必要な光線ですが、最近になって紫外線にあたると皮膚の抗菌物質が増えることがわかりました。一方で日焼けを起こしたり、その後の色素沈着を起こす作用もあります。

 日光にあたったのち皮膚の色が黒くなるのは、表皮内でメラニン色素をつくる色素細胞が増加・活性化し、メラニン色素が増えるからです。

 メラニン色素には紫外線を吸収し皮膚の障害を抑える効果があり、紫外線による皮膚の色素沈着は生体の防御反応と考えることができます。

 紫外線にはDNAの障害を起こす作用があり、この作用のために長期的な効果として皮膚の発がん作用があることがわかっています。しかし、紫外線に曝露したら必ず皮膚がんになるということではなく、そのリスクが増えるということで、個人差もあります。

 また、紫外線には皮膚の老化を促進する作用(光老化)や、しわを増やす作用があります。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。