<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

じょしがんめんこくひしょう

女子顔面黒皮症

女子顔面黒皮症について解説します。

執筆者:

どんな病気か

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)(かぶれ)の特殊なタイプで、皮膚の色素沈着がみられるため顔面に黒褐色の強い色素沈着が現れます。

原因は何か

化粧品などによる接触皮膚炎によって、正常では表皮にあるメラニン色素が真皮に落ち込んで貯留するために起こる色素沈着が原因です。原因物質には、タール色素の赤色219号、ズダンⅠ、ジャスミン油、パラベンなどがあります。

症状の現れ方

中年の女性に多く、顔面の頬、額などに、網目状またはびまん性の濃褐色から紫褐色の強い色素沈着を示します。これらに混じって、赤い炎症性の色調がみられることもあります。

検査と診断

原因として疑われる化粧品などについて、貼付(ちょうふ)検査(パッチテスト)を行うことが必要です。化粧品を絆創膏につけて2日間貼付します。

治療の方法

原因物質の検索を行い、接触を避けることが大切です。炎症が強い場合はしばらくステロイド薬を外用します。原因物質との接触を避けることでよくなりますが、色素沈着がとれるまで数年かかる場合もあります。

病気に気づいたらどうする

原因となっている化粧品の使用を中止することが必要です。皮膚科専門医を受診して、どの化粧品が原因物質となっているかについての検査を受けてください。

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。