<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

りうまちけっせつ

リウマチ結節

リウマチ結節について解説します。

執筆者:

リウマチ結節の解説(コラム)

 関節リウマチに最も多くみられる関節外症状です。患者さんの20%前後で、病気の活動性の強い時に認められます。

 結節は硬く、球形から卵円形の皮下結節で、大きさは0・5〜数cmと大小さまざまです。骨が出っ張っていて、外からの刺激を受けやすい部位にできやすく、肘頭(ちゅうとう)、前腕、膝蓋(しつがい)、手指の関節周囲に、また寝たきりの人では後頭部、仙骨部(せんこつぶ)に好発します。皮膚以外では肺、胸膜、腱(けん)、血管壁などにも同様のものが現れます。

 関節リウマチの患者さんの下肢に、静脈に沿って虫食い状の皮膚潰瘍ができることがありますが、これも病理学的にはリウマチ結節に類似する肉芽腫性(にくげしゅせい)病変で血管を中心とした病変です。

 時に通風結節、黄色腫(おうしょくしゅ)、粉瘤(ふんりゅう)、脂肪腫、皮膚がんなどとの区別が困難な場合があり、皮膚生検が必要となることがあります。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。