<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

ふっとけあ

フットケア

フットケアについて解説します。

執筆者:

フットケアの解説(コラム)

 足にできた潰瘍(かいよう)や壊疽(えそ)を治療しないで放っておくと、外科治療が必要になり、ひどい場合には足を切断しなければならなくなります。欧米では「足は第二の心臓」といわれ、認定資格のもとに足の専門職のポダイアトリストやフスフレーガーによるフットケアが熱心に行われています。

 日本でも、糖尿病があると足の手入れ(日常のケア)と早期の治療(医療的フットケア)の重要性が評価されるようになってきました。2008年度より、チーム医療による日常の足ケアの指導、教育、実際のケアとして洗浄や清拭(せいしき)、足浴、皮膚角化の軟膏塗布、鶏眼(けいがん)(うおのめ)処置、爪切り、皮膚潰瘍の評価などが行われるようになりました。足に痛みや圧迫を感じなければ神経障害が起きている可能性もあるので、爪の切り方にも注意したいものです。また、足にあった靴を履くことも非常に重要で、シューフィッターのいる靴屋さんを紹介してもらいましょう。糖尿病の足病変は、血糖のコントロールと同様にきちんとしたケアを施せば悪化を防止することができるのです。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。