<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

かゆみ・そうよう

かゆみ・掻痒

かゆみ・掻痒について解説します。

執筆者:

かゆみ・掻痒の解説(コラム)

 かゆみ(掻痒)は、かきたくなる衝動を起こす皮膚や鼻粘膜(びねんまく)、眼の結膜の不快な感覚です。皮膚や粘膜のかゆみ受容器が、いろいろな物質で刺激され、神経により脳に伝えられ、かゆみとして感じられると考えられています。

 かゆみを起こす代表的な物質がヒスタミンです。一般的にかゆみ止めといわれている薬は抗ヒスタミン薬です。じんま疹のかゆみは抗ヒスタミン薬で止まりますが、湿疹や痒疹(ようしん)、虫刺されのかゆみにはそれほど効果がありません。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。