<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

たけいにっこうしん

多形日光疹

多形日光疹について解説します。

執筆者:

どんな病気か

光線過敏症(こうせんかびんしょう)の一種です。紫外線に対する過敏性があり、日光にあたる部分に症状が現れます。

症状の現れ方

日光露出部の顔面や頸部(けいぶ)に、かゆみのある湿疹様の発疹や紅斑、ぶつぶつした丘疹などが現れます。日差しが強くなる春から夏に悪化する傾向があります。

検査と診断

紫外線への過敏性があるかどうかについて光線照射試験を行います。この試験で紫外線への過敏性を明らかにできなくても、反復照射試験によって症状が現れることがあります。

また、他の病気と区別をするために皮膚の一部を採取して調べる生検を行うことがあります。

治療の方法

皮膚の症状に対しては、ステロイド外用薬などの炎症を抑える薬剤を使用しますが、原因となる紫外線を避けることが重要です。

障害に気づいたらどうする

外出時には帽子、日傘、サンスクリーンなどを用いて遮光(しゃこう)をすることが大切です。皮膚症状の治療については専門医に相談してください。

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。