<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

びたみんざいのこうざい

ビタミン剤の功罪

ビタミン剤の功罪について解説します。

執筆者:

ビタミン剤の功罪の解説(コラム)

 現代では、食事が不規則な人や、外食やインスタント食品に頼っている人が増えており、それに伴って栄養のバランスが大きく崩れつつあります。それを補うために、ビタミン剤などのサプリメントをとるというのが大きな流れになってきています。もちろん、まったくとらないよりはとったほうがよいのですが、やはり基本は食事なので、むしろ自身の食生活を見直すほうが大切です。

 最近はさまざまな会社からサプリメントが販売されています。しかし、なかには過剰症を引き起こしやすいビタミンAが1粒内に所要量以上含まれているものもあり、とくに妊婦は奇形発症の危険性が高まるので、とりすぎに注意が必要です。したがって、継続的に使う際には、そのサプリメント内に含まれる各ビタミンの量を確認しておくことがとても重要です。

      内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。