<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

ぷろらくちん

プロラクチン

プロラクチンについて解説します。

執筆者:

プロラクチンの解説(コラム)

 下垂体(かすいたい)からのプロラクチン分泌は、視床下部(ししょうかぶ)で産生されるホルモンによって調節されています。視床下部と下垂体の連絡が断たれると、血中プロラクチン値は、通常、上昇します。プロラクチン抑制の最も主要な因子はドーパミンです。一方、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン、エストロゲン、授乳、ストレス、低血糖などはプロラクチン分泌促進作用があります。

 プロラクチン分泌が亢進(こうしん)すると、女性では無月経が起こります。また、男性でも性欲の低下が生じます。

 視床下部・下垂体系の疾患(腫瘍(しゅよう)や炎症)、原発性甲状腺機能低下症では、プロラクチン分泌も刺激されます。いろいろな薬剤(とくにある種の抗精神薬、胃薬、降圧薬の一種)は、プロラクチンを増加させます。エストロゲン製剤やピルなどの経口避妊薬も、プロラクチン分泌を刺激させるため、乳汁(にゅうじゅう)分泌が生じた場合には原因となっていないか注意が必要です。

      内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。