<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

ばせどうくりーぜ

バセドウクリーゼ

バセドウクリーゼについて解説します。

執筆者:

バセドウクリーゼの解説(コラム)

 クリーゼとはクライシス(危機)のことで、バセドウクリーゼとはバセドウ病で命が危機にさらされるほどの究極の状態を指す言葉です。

 実際に明確な定義があるわけではなく、未治療のバセドウ病患者さんで感染症、手術、出産などのストレスをきっかけに、毎分120回以上の頻脈(ひんみゃく)、滝のように流れる汗、頻回の下痢、高熱、精神的な不穏状態などの激しい甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)が起こったものをいいます。

 眼球の突出や甲状腺腫などの状況からバセドウ病と推定したら、血液検査の結果などは待たずに治療を始めます。治療は大量の抗甲状腺薬、β(ベータ)遮断薬、副腎皮質ステロイド薬、酸素吸入、身体の冷却などです。現在でも死亡率は高く、10〜75%といわれています。

 しかし、バセドウ病とすでに診断されている患者さんでクリーゼが起こることは極めてまれです。医師の指示に従って治療を続けている患者さんが、クリーゼを心配することはありません。

      内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。