<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

けんはんしゃとは

腱反射とは

腱反射とはについて解説します。

執筆者:

腱反射とはの解説(コラム)

 診察時に、たとえば膝(ひざ)などを小さいハンマーでたたかれた経験をした人がいると思います。正常なら反射で下腿がピョンと上がります。この反射を腱反射といいます。これは膝をたたいているのではなくて、筋肉が骨に付着する腱(アキレス腱など)の近くにある筋紡錘(きんぼうすい)をたたいて刺激しているのです。

 腱をたたく(刺激する)と、筋紡錘から脊髄(せきずい)に向かってIa線維(感覚系)が刺激されて興奮し、インパルス(衝撃波)が上行していきます。インパルスが脊髄に入ると、脊髄内の前方にある体幹や四肢の筋を支配しているα(アルファ)運動ニューロンが興奮して、α運動ニューロンから出る運動神経(筋肉を支配している)に支配された筋群が収縮します。同時に収縮した筋群と拮抗する筋群では反対に抑制が起こり、筋は弛緩します。この回路を反射弓(はんしゃきゅう)といいます。反射弓はどこで侵されても、はたらかなくなり、反射は低下、消失します。

 一方、反射が亢進するのは、異常に反応が高いことを指し、これは反射をコントロールしている大脳、脳幹(のうかん)、脊髄を通る皮質脊髄路(ひしつせきずいろ)の障害の存在を示しています。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。