<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

すいたいろとすいたいがいろ

錐体路と錐体外路

錐体路と錐体外路について解説します。

執筆者:

錐体路と錐体外路の解説(コラム)

 錐体路とは随意(ずいい)運動に関与するもので、その経路は前頭葉(ぜんとうよう)の運動野(や)から延髄(えんずい)の錐体交差で反対側に交差し、脊髄(せきずい)の前角に至るまでをいいます。この経路は、いうなれば運動の「オン・オフ」のはたらきをし、錐体路の障害では運動麻痺(まひ)がみられます。

 一方、錐体外路とは大脳深部の基底核を中心とする複雑な経路で、運動や筋緊張を調整するはたらきをしています。錐体外路の障害では、筋緊張の異常や、さまざまな不随意(ふずいい)運動がみられます。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。