<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

ほっさせいじょうしつせいひんぱくのしんでんずでのぶんるい

発作性上室性頻拍の心電図での分類

発作性上室性頻拍の心電図での分類について解説します。

執筆者:

発作性上室性頻拍の心電図での分類の解説(コラム)

 発作性上室性頻拍のなかで、どの型の頻拍になるかは次の点が参考になります。

 正常QRS幅の発作性頻拍で、QRS波の後ろにP′波があればWPW症候群の房室回帰性頻拍(ぼうしつかいきせいひんぱく)である可能性が高くなります。同様に、正常QRS幅の発作性頻拍でQRS波とQRS波の間にP′波が認められないか、あるいはQRS波の後半にP′波が重なって認められれば、房室結節(ぼうしつけっせつ)リエントリー性頻拍である可能性が高いことになります。

 QRS波の前に洞調律(どうちょうりつ)時のP波形と異なるP′波があれば、心房内リエントリー性頻拍あるいは希有型(けうがた)房室結節リエントリー性頻拍、洞調律時のP波と同一波形のP′波がQRS波の前にあれば洞結節リエントリー性頻拍となります。発作性頻拍でQRS幅が広い場合があり、P′波とQRS波が明らかに1対1に対応して認められれば、心室内変行伝導を伴った発作性上室性頻拍となります。

 診断のポイントは、突然起こり、しばらく続いて突然止まるQRS間隔の規則正しい頻拍で、P′波とQRS波が1対1に対応していれば発作性上室性頻拍とされます。

      循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。