<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

ようすいそくせん

羊水塞栓

羊水塞栓について解説します。

執筆者:

羊水塞栓の解説(コラム)

 羊水塞栓はお産の最中または出産の直後に、突然の呼吸困難、胸部の苦悶(くもん)感が生じ、不穏状態、けいれん、ショック状態、呼吸停止、DIC(播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群)、心停止を起こして死亡する、お産の合併症としては最も重症で予後の悪い(死亡率は60〜70%といわれている)疾患です。

 2〜3万分娩に1例と発生はまれですが、予測が事実上不可能で、ひとたび発症すると急速に進行するため、診断がつかないまま死亡する例も多く、亡くなったあとの解剖所見で初めて診断がつくこともあります。

 羊水とそれに含まれている胎児の成分(胎脂、胎便、胎児の皮膚細胞など)が、子宮から母体の血管に流れ込んで、主に肺の血管に詰まるとともに、全身性のアレルギー反応(アナフィラキシー反応)を起こすと考えられています。呼吸循環障害とともに大量の出血を伴うことも多く、現代の最新医療技術を用いても依然として救命が難しい疾患です。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。