<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

にんしんひんけつ

妊娠貧血

妊娠貧血について解説します。

執筆者:

どんな病気か

妊娠中にヘモグロビン11・0g/dl未満、ヘマトクリット33・0%未満である場合を妊娠貧血といいます。妊娠中は妊娠初期から血漿(けっしょう)量が増加し、8~12週では10~20%増加、妊娠30週以降は約50%増加となるため血液が希釈され、見かけ上の貧血が認められるようになります。

妊娠中は赤血球数は増加し、胎児への鉄の供給も必要になるため鉄欠乏になりやすく、鉄欠乏性の小球性低色素性貧血(しょうきゅうせいていしきそせいひんけつ)になりやすい傾向があります。

診断と治療

鉄欠乏性貧血の診断は、血清鉄の低値、総鉄結合能の上昇、フェリチン値の低下によります。

治療には鉄剤の投与を行います。

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。