<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

ひとぱぴろーまういるす(えいちぴーぶい)

ヒトパピローマウイルス(HPV)

ヒトパピローマウイルス(HPV)について解説します。

執筆者:

ヒトパピローマウイルス(HPV)の解説(コラム)

 ヒトパピローマウイルス(HPV)と子宮頸(けい)がんの関係が注目されるようになったのは、子宮頸がんの生検(組織の一部を採取して調べる検査)材料から1983年にHPV16型、1984年にHPV18型が見つかり、これらが子宮頸がんの組織に高率に検出されることが報告されたためです。

 HPVの型は極めて多様で、現在までに80を超える型に番号が与えられています。さらに新たな型が発見されており、実際には100を超える型が存在すると考えられています。

 そのうち、婦人科領域に関連の深い型は30以上あります。6型と11型は外陰や子宮頸部などの尖圭(せんけい)コンジローマを生じることが知られており、16・18・31・33・35・45・51・52・56・58・59・61・66・68型などは子宮頸がん、およびその前駆病変である異形成(いけいせい)から検出されます。

 HPVは広く蔓延(まんえん)しており、性交渉の経験があれば一生の間には半数以上の女性が感染すると考えられています。感染が成立しても、明らかな病変をつくるのはその一部であることもわかっています。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。