<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

じょせいのびょうきのさいきんのとぴっくす

女性の病気の最近のトピックス

女性の病気の最近のトピックスについて解説します。

執筆者:

解説(概論)

 

月経痛を訴えて子宮内膜症と診断される女性が増えてきています。これは未婚女性の増加、結婚年齢の上昇など女性の社会進出に並行してみられるもので、先進国に共通してみられます。

痛みを何とかがまんすればそれですむ場合と、将来の不妊の原因となったり、悪性腫瘍(とくに卵巣がん)への移行などが懸念される場合もあります。腹腔鏡(ふくくうきょう)手術の普及により治療成績は向上しましたが、完治が困難または再発などの問題があり、極めて今日的な女性の病気となっています。

高齢社会を迎え、高齢女性のヘルスケアも大きな課題となっています。中高年女性の健康障害は、男性と異なり女性ホルモンの低下が誘因になっているものが多く、女性ホルモンを補充することによる健康状態の維持改善と、それのマイナス面とを個別にきめ細かく評価して対応していくことになります。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。