ページ内を移動するためのリンクです

漢方薬・薬草 薬局・薬店検索- メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

薬局・薬店検索

漢方薬・薬草 都道府県選択

漢方薬・薬草の都道府県一覧ページです。
都道府県、あるいは市区を選択すると、iタウンページの薬局・薬店検索結果が開きます。

このアイコンのあるリンクは、iタウンページへのリンクとなります。

漢方薬と生薬、民間薬、薬草

漢方薬

 漢方薬とは、植物や動物、鉱物を源とする「生薬」を数種類以上、ミックスしたものをいいます。漢方による治療の多くは、漢方薬を服用することで行われます。

 下剤としてのセンナやダイオウのように、生薬を単品で西洋薬的に使用する場合もありますが、それほど多くはありません。なぜなら、漢方薬による治療は根本的に対症療法ではなく、体質改善が目的であるからです。

 漢方処方は、複数の生薬を配合することで、新たな薬理作用を発揮したり(相乗効果)、お互いの毒性を抑えたり(相殺そう/さい効果)できます。これは西洋薬にはない、最大の特徴です。また、飲みやすくするために緩和効果のある生薬を混ぜることもあります。

 不思議なことに漢方薬の多くは、2000年の歴史のなかで試行錯誤し実証された生薬の配合比率で、最も高い薬理作用が現れるようになっています。このメカニズムは現代の科学力をもってしても、いまだに解明されていません。

 さらに驚くべきことは、西洋薬は服用する人に無関係に作用するのに対し、漢方薬は体内バランスが崩れた時にだけはたらきます。また、その処方が服用する人の「証」にマッチしていれば、まったく副作用はありません。

 漢方薬には、患者さんごとの処方設計に基づいて個々にミックスされるものと、あらかじめ1回に服用する分がパックになった「エキス製剤」と呼ばれるものがあります。前者は自分で煎じなければなりませんが、後者はすでに漢方薬のエキスを濃縮し、凍結乾燥したものなので、服用するのに便利になっています。

 しかしエキス製剤は、ある範囲の症状や病名に効くことを想定してありますが、個々の「証」に合わせることはできないことから、誰にでも効くわけではありません。それなのになぜエキス製剤ができたのかというと、社会保険で漢方薬を出せるようにするためなのです。社会保険ではすべての診療行為が、(疑い病名も含めて)病名が決まらないと点数がつかない、つまり収入にならないので、標準的な「証」を想定した漢方処方に点数がつけられているというわけです。

生薬

 生薬はもともと、自然界の植物や動物、鉱物をそのまま利用しますが、大きく西洋生薬と東洋生薬に分けられます。

 西洋生薬の歴史も古く、現代の西洋医学の基礎となっています。たとえば鎮痛薬のモルヒネなどがそうです。自然界にあるものの有効成分だけを取り出して純粋で高濃度な医薬品を作ったのが西洋医薬で、さらにその骨格(=化学式)をモデルにし、類似の新しい薬品が次々と化学合成されました。

 したがって現代の西洋薬は効き目が強く(鋭く)即効性もあるので、対症療法の一環として症状を抑える能力は非常に高いのですが、相反する作用としての副作用が現れやすいといえます。また、体質改善にはならないものがほとんどです。

 今の西洋薬の約9割が生薬をルーツとしており、病気や症状に応じて単品で使用されます。複数処方されている場合でも、別々の症状に対する処方であり、薬品間の相乗効果や相殺効果が目的で組み合わされているわけではありません。

 一方、東洋生薬は日本古来の和薬、たとえばセンブリ、ゲンノショウコ、ドクダミなど昔から日本にあるものと、中国の漢薬、その他アーユルベーダやジャムーなどという、インドやペルシャなどから医学とともに中国に伝わったものに分類され、総称して「和漢薬」と呼ばれています。

 生薬には「上薬(じょう/やく)(上品(じょう/ひん))・中薬(ちゅう/やく)((ちゅう/ひん))・下薬(げ/やく)(下品(げ/ひん)」という分類があります。

 この分類は、中国に伝わる『神農本草経(しん/のう/ほん/ぞう/きょう)』という書物にあるもので、植物、動物、鉱物から薬になるもの365種類をまとめ、分類したものです。

 「上薬」とは、朝鮮人参(にん/じん)のように毎日のんでいてもよいもの、副作用のないもののグループです。「下薬」とは逆に、トリカブトのように非常に薬理作用が強く、専門家が扱わないと危険なもののグループです。「中薬」とは、その中間に属するもののグループになっています。

 この順序はあたかも、西洋薬の効き目とはまったく逆になっていますが、漢方薬は副作用が少なく、体の自然治癒力を高めるもののほうが優れている、と考えられているからです。

 現在の生薬に関する研究は、一つひとつの生薬を取り上げて分析したり組み合わせを考えたりということより、古くから伝わる組み合わせがほかにもどういった症状に効くか、ということを動物や人で調べるようになってきました。

 なぜなら、たとえば葛根湯(かっ/こん/とう)は7種類の生薬をある比率で配合したものですが、その比率を変えると効き目が弱く、すなわち薬理活性が低くなります。どうしてなのかは多くの研究者がいろいろの方法で研究していますが、今でも完全には解明されていません。長い歴史が作り上げた最良の比率、配合の妙(みょう)なのです。

生薬の安全性

 漢方で使用される生薬は、そのほとんどが国内産で間に合った時代もありました。しかし、現在のように多くの漢方エキス製剤が保険に収載され、70%以上の処方に漢方薬が処方されるようになったことなどから、中国、韓国などからの輸入生薬が多数使われるようになりました。それらの中には異物の混入、同名異物生薬や残留農薬など、その安全性が十分に確保されていない物がみられています。特に残留農薬については、漢方薬が煎じて飲まれるという観点からも、一般食品よりさらに厳しい対策が必要となっています。

民間薬

 民間薬とは、科学的な裏付けのない生薬のことです。たとえばセンブリなどは昔、なぜ効くかわからないまま、とにかくおなかによいということで飲まれてきましたが、そういったものが民間薬です。

 それが徐々にいろいろな研究がされて、解明された成分がこういう作用でおなかに効くという科学的裏付けがなされると、その時点で生薬になるわけです。ですからセンブリは、今は苦味健胃薬(く/み/けん/い/やく)という生薬です。

 アロエは今でも民間薬のアロエと生薬のアロエがあります。生薬のアロエは真っ黒な塊で、これは下剤として使われます。しかし、民間薬のアロエを求めるときには注意が必要です。

 “アロエ教”といわれるように、民間薬のアロエは痩(や)せ薬として密(ひそ)かに愛用されていますが、もし実際、痩せるようならそれは法律違反です。なぜなら、下剤の成分であるセンノシドつまり生薬のアロエが入っているからです。入っていないと謳っていても実際、入っているものが多いのです。したがって女性は注意しなくてはなりません。子宮粘膜の充血作用が強いので、とくに妊娠している場合は絶対に飲んで(食べて)はいけません。

薬草

 薬草というのは何も、特別なものだけではありません。生薬の源は植物が90数%ですが、いわゆる雑草と呼ばれるものも含めて、植物はほとんど薬草とみることができます。薬学では雑草という概念がありません。たとえばアロマテラピーに使う香料を採る植物やハーブといわれるものには、いわゆる雑草もあります。

 薬草には実際、どんなものがあるのかお知りになりたい場合は、大学の薬学部にある薬草園の見学会に参加されるとよいでしょう。東邦大学薬学部では全国に先駆けて、年に1回、薬草園を一般公開し見学会を催しています。多い時は1日で1400人ほどの方が来場されます。最近ではアロマテラピーを実習に取り入れたので、薬草園の植物でつくったハーブクッキーをお出ししたりしています。

 京都大学の霊長類研究所がアフリカでオランウータンの生態を観察していた時、オランウータンが調子の悪い時いつも食べていた草に気づいて調べてみたところ、新たな医薬品が見つかったということもあります。そういうものが薬草であり、それを乾燥したり固めたりして、飲みやすくしたり運びやすくしたものが生薬というわけです。

 薬草は生薬として使われるだけではありません。

 薬膳料理は、その材料がほとんど薬草とも言えます。また懐石料理は魚と野菜(薬草)しか使用しません。しかしどちらも、その材料がどのような薬理効果を有しているかを知って食べることで、一味違ったものになります。そういった体験をするツアーや講演・試食会も開催され、一般の方に加え医師や薬剤師、栄養士なども参加しています。

野生薬草の採取と薬草栽培

 わが国の山野には、かつて多くのところに薬草が見られ、それらを採取して生薬に加工したり、そのまま薬草として使われたりしていました。ところが今では、前述したように人件費の安価な外国からの輸入生薬との価格差から、国内産の生薬は姿を消してしまいました。

 しかし生薬についても安全・安心志向が高まり、国内産生薬の見直しが叫ばれるようになりました。ただ長い空白期間があったため、薬草の鑑別知識が十分には受け継がれていません。今後は、その知識の普及とともに、野生薬草の保護と採取方法について検討していく必要があります。

 それとともに、品質維持と供給の両面から薬草栽培が始められています。植物工場のような先端的栽培方法や遊休農地を利用したものなど、さまざまな形で進められています。

 ここから生産されてくる薬草の品質評価とともに、適正対価の問題を真剣に考えて、安全で安心して使える漢方薬が供給されることが望まれています。

[漢方薬と生薬、民間薬、薬草]は、株式会社 法研から提供を受けた「六訂版 家庭医学大全科」より、当社が転載している情報です。掲載情報の著作権は、すべて株式会社 法研に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります