ページ内を移動するためのリンクです

ストレス耐性 症状チェック- メディカルiタウン


ここから本文です

症状チェック

すとれすたいせい

ストレス耐性

ストレス耐性とは

ストレスは受け止める側によって、影響の度合いが違います。「ストレスは人生のスパイス」といわれているように、上手に対応することで、逆にいい刺激になることもあります。ストレス刺激を受けても、それに抵抗する能力をストレス耐性といいます。

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1くよくよしない

項目を選択してください。

2よくしゃべる

項目を選択してください。

3前向きである

項目を選択してください。

4友人が多い

項目を選択してください。

5家族や職場で人間関係がうまくいっている

項目を選択してください。

6活動的である

項目を選択してください。

7感謝できる

項目を選択してください。

8自分は幸せと思う

項目を選択してください。

9ミスを気にしない

項目を選択してください。

10自分の意見や主張を言える

項目を選択してください。

11リラックスする方法を知っている

項目を選択してください。

12趣味がある

項目を選択してください。

13休日や休暇を楽しむことができる

項目を選択してください。

14こだわり過ぎない

項目を選択してください。

15毎日が充実していると思う

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

強いタイプ、弱いタイプ

ストレス耐性には個人差があります。ストレス耐性に弱いタイプは、几帳面で完璧主義者、周囲に自分を合わせようとする、感受性が強く、神経が細やか、物事にこだわりやすいなどです。また、強いタイプは、気持ちの切り替えが早く、人の目を気にしない。感情をのびのび表現できるなどです。日本人には弱いタイプが多いようです。

ストレス耐性能力を高める

日常生活では、十分な睡眠、規則正しいバランスのとれた食生活が基本です。気晴らしも必要です。好きなことや趣味などで、仕事や家事を忘れる時間をつくりましょう。適度なスポーツは循環器系、呼吸器系や代謝などの機能を高め、ストレス解消にも有効です。

また、ストレス・リラクゼーションといって、筋肉の緊張を解いて、からだや心の緊張状態を緩和させる方法もあります。

場合によっては専門家に相談を

ストレス耐性に弱い人は、ストレスが重圧となって、ストレス病にかかりやすくなります。ライフスタイルを変えてみたり、意識を変えたりして、ふだんからできるだけストレス解消に努めましょう。ストレスを強く受けていると感じたら、早めに心療内科や精神科の診察を受けましょう。ストレスを抱え込まないことが大切です。

監修者

赤坂山王クリニック院長 梅田悦生

1942年生まれ、兵庫県出身。

大阪市立大学医学部卒業後、仏ストラスブール大学医学部附属病院レジデント、大阪市立大学医学部附属病院、国立国際医療センター、関東中央病院部長等を経て現職。医学博士、日本抗加齢医学会専門医。元日本ペンクラブ会員。

もっと読む

編集制作 : (C)株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります