ページ内を移動するためのリンクです

喉頭がん 症状チェック-メディカルiタウン


ここから本文です

症状チェック

こうとうがん

喉頭がん

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1かぜや声の使いすぎがないのに、声がしわがれてきましたか

項目を選択してください。

2のどに違和感がありますか

項目を選択してください。

3かぜでもないのに、せきやたんが出ますか

項目を選択してください。

4たんに血が混じっていますか

項目を選択してください。

5息が臭いですか

項目を選択してください。

6呼吸が苦しいですか

項目を選択してください。

7くびのつけ根のリンパ節がはれていますか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

喉頭がんとは

喉頭がんの多くが声帯に発生します。そのため、最初は声がしわがれるという自覚症状が出てきます。その他、できる場所によっては、のどに違和感を感じたりします。痛みが出たり、呼吸困難、ものが飲み込みにくいといった症状が出たときには、がんはかなり進行しています。

さらに進行すると、血液が混じったたんが出たり、せきやたんがふえたりします。息も臭くなり、頸(けい)部のリンパ節が大きくはれます。

喉頭がんの原因

声の使いすぎやたばこ、大気汚染、慢性の炎症といったのどへの刺激が原因といわれています。50~60歳代の男性に多いがんです。声帯の一部が白くかたくなる喉頭角化症や喉頭乳頭症ががん化することもあります。

喉頭がんの治療

放射線治療、手術、抗がん薬の治療法があります。病状にあわせて、もっとも適切な治療法を選びます。

検査

間接喉頭鏡や内視鏡による検査をおこないます。確定診断には組織をとる生検をおこないます。

監修者

赤坂山王クリニック院長 梅田悦生(うめだよしお)

1942年生まれ、兵庫県出身。

大阪市立大学医学部卒業後、仏ストラスブール大学医学部附属病院レジデント、大阪市立大学医学部附属病院、国立国際医療センター、関東中央病院部長等を経て現職。医学博士、日本抗加齢医学会専門医。元日本ペンクラブ会員。

著書に『めまいの診断・治療』(金原出版)、編・著『当直医実戦マニュアル』改訂第3版(南江堂)、α新書『奇跡の新薬開発プロジェクト』(講談社)、『症状からひく薬の相互作用』(中外医学社)、『新型インフルエンザ アウトブレイク前夜』(時事通信社)など多数。

このほか『ワインの基礎知識』(時事通信社)などワインを中心とした食文化関連の著書も数多く執筆している。

大学医学部での耳鼻咽喉科の講義や、農業系・音楽系の大学での飲酒生理学や音声生理学の講義は、学生たちにわかりやすいとの定評があった。 現在は、テレビ出演してノロウイルスやインフルエンザ予防・対策等についてわかりやすく解説を行うなど、多方面で活躍している。(了)

編集制作 : (C)株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

専門家に相談してよかった!-iタウンページみんなの相談窓口

ジェネリック医薬品の基礎知識~有効に活用するために~

専門家に相談してよかった!-iタウンページみんなの相談窓口

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります