ページ内を移動するためのリンクです

急性気管支炎 症状チェック- メディカルiタウン


ここから本文です

症状チェック

きゅうせいきかんしえん

急性気管支炎

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1のどが痛いですか

項目を選択してください。

2からぜきが出ますか

項目を選択してください。

3最初はからぜきが出ていて、しだいにせきが激しくなりましたか

項目を選択してください。

4たんが出ますか

項目を選択してください。

5黄色いうみのようなたんが出ていますか

項目を選択してください。

6熱がありますか

項目を選択してください。

7せき込むと胸の奥が痛みますか

項目を選択してください。

8刺激性のガスを吸い込みましたか

項目を選択してください。

9運動すると激しくせき込みますか

項目を選択してください。

10冷たい空気を吸ったり乾燥した場所に行くと、せき込みますか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

急性気管支炎とは

急性気管支炎は気管粘膜の急性炎症です。原因はウイルスや細菌の感染などによります。多くの場合、かぜの症状の一つといえます。かぜと同時あるいは引き続いて起こります。また、刺激性のガスの吸引によっても起こります。

なお、肺気腫や肺繊維症のある人は重症化することが多いので、早めに受診しましょう。放置すると悪化するおそれがあります。

注意する症状

ウイルス性の気管支炎のたんは白色ですが、緑色や黄色に変わってきた場合は、細菌の2次感染が起こっています。重症化する前にできるだけ早く受診してください。抗生物質による治療が必要です。

また、炎症が激しいと、走ったり運動したりするとせき込んだり、冷たい空気を吸い込んだり、乾燥した部屋などにいるときに、激しくせき込んだりします。放置すると悪化する可能性がありますので、この場合も早急に受診しましよう。

急性気管支炎の治療

せきが激しかったり、熱が高い場合には医師の治療が必要です。一般的に、せき止めや解熱薬が処方されます。早めに医師の診察を受けてください。

監修者

赤坂山王クリニック院長 梅田 悦生

1942年生まれ、兵庫県出身。

大阪市立大学医学部卒業後、仏ストラスブール大学医学部附属病院レジデント、大阪市立大学医学部附属病院、国立国際医療センター、関東中央病院部長等を経て現職。医学博士、日本抗加齢医学会専門医。元日本ペンクラブ会員。

もっと読む

編集制作 : (C)株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります