エンテカビル ケミックス (エンテカビル水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

えんてかびる
エンテカビル [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
肝臓・膵臓・胆道・痔の薬/肝臓障害の薬
【解説タイトル/一般名】
B型肝炎治療薬(抗ウイルス薬3) / エンテカビル水和物
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 0.5mg 1錠 363.10円
【メーカー】
ケミックス
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
B型肝炎治療薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1日1回0.5mg(1錠)。ラミブジンが効かない患者の場合は,1日1回1mgを推奨。
【識別コード】
【その他】
保険収載年:2006/9
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

エンテカビルの処方目的

B型肝炎ウイルスの増殖を伴い肝機能の異常が確認されたB型慢性肝疾患におけるB型肝炎ウイルスの増殖抑制
9ページTOPへ▲

エンテカビルの解説

B型肝炎ウイルス(HBV)のDNAポリメラーゼ(DNAの複製に必要な酵素)を選択的に阻害することで,HBVの増殖を抑える薬です。本剤を服用する前に,HBV DNA,HBV DNAポリメラーゼあるいはHBe抗原により,ウイルスの増殖を確認します。
本剤の服用を中止すると,肝機能の悪化もしくは肝炎が重症化することがあるので,自己判断で服用を中止しないようにしてください。
9ページTOPへ▲

エンテカビルの使用上の注意

<警告>
 治療終了後に肝炎の急性増悪が報告されています。終了後少なくとも数カ月は検査を十分に行う必要があります。

<基本的注意>
*エンテカビル水和物(バラクルード)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能障害,肝移植患者,非代償性肝硬変
(3)服用法……本剤の吸収は食事の影響を受けやすい(空腹時服用の数分の1しか吸収されない)ので,食後2時間以降かつ次の食事の2時間以上前に服用します。
(4)乳酸アシドーシス……乳酸アシドーシスが現れることがあり,死亡例も報告されています。
(5)予防処置……本剤の服用により他者へのHBV感染を防ぐことはできません。妊娠の可能性がある人は避妊してください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)肝機能障害。(2)服用終了後の肝炎の悪化。(3)アナフィラキシー様症状(全身の発赤,じんま疹,顔や喉の腫れ,顔面蒼白,冷や汗,呼吸困難など)。(4)乳酸アシドーシス(嘔吐,腹痛,下痢,倦怠感,筋肉痛,動悸,呼吸困難,昏睡など)。(5)(類薬で)脂肪沈着による重度の肝腫大(脂肪肝)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)処方医に連絡する副作用……下痢,吐きけ,便秘,上部腹痛/倦怠感/鼻咽頭炎/筋硬直/頭痛,めまい/発疹,脱毛
(2)検査などでわかる副作用……AST・ALT・ビリルビン上昇/アミラーゼ・リパーゼ上昇/血中ブドウ糖上昇/血中乳酸増加/BUN上昇,尿潜血,尿中白血球陽性/白血球減少,抗酸球増加

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

エンテカビルの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

エンテカビルのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲