ゼンタコート ゼリア (ブデソニド) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ぜんたこーと
ゼンタコート [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
胃腸の薬/その他の胃腸薬
【解説タイトル/一般名】
潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬(2) / ブデソニド
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 / 3mg 1カプセル 256.90円
【メーカー】
ゼリア
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
クローン病治療薬
【規制】
【使用量と回数】
1日1回9mg(3カプセル)を朝に服用。
【識別コード】
3mg 包装コード: 本体コード:CIR 3mg
【その他】
保険収載年:2016/11
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ゼンタコートの処方目的

軽症から中等症の活動期クローン病
9ページTOPへ▲

ゼンタコートの解説

本剤は,海外のガイドラインにおいてクローン病治療の第一選択薬として推奨されています。腸溶性と徐放性を併せもったドラッグデリバリーシステムにより,病変部位への薬剤の送達性を高め,小腸および結腸近位部で有効成分のブデソニドを放出するように設計された製剤(ブデソニド腸溶性顆粒充填カプセル)で,軽症から中等症の活動期クローン病に用いられます。
本剤は局所作用型の糖質コルチコイド(ステロイド)で,吸収後は肝臓で速やかに代謝を受け,全身性の副作用が軽減されることが特長とされています。
9ページTOPへ▲

ゼンタコートの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/有効な抗菌薬の存在しない感染症,深在性真菌症
(2)慎重に服用すべき場合……結核性疾患/感染症/高血圧症/糖尿病/骨粗鬆症/消化性潰瘍/緑内障,後のう白内障/重度の肝機能障害
(3)服用期間……本剤は,服用開始8週間を目安に必要性を検討します。長期間服用すると,クッシング様症状や副腎皮質機能抑制などの全身作用が現れることがあるため漫然と服用せず,また本剤を中止する場合には徐々に減量していきます。
(4)水痘・麻疹……本剤は副腎皮質ステロイドです。ステロイドを服用中の人が水痘(みずぼうそう)または麻疹(はしか)に感染すると,重篤な経過をたどる可能性があります。水痘・麻疹の前歴がない,もしくは予防接種を受けたことがない人は,水痘・麻疹への感染を避けるよう注意し,感染した場合には直ちに医療機関を受診してください。
(5)グレープフルーツ,グレープフルーツジュース……本剤の血中濃度を上昇させ,作用を強める可能性があるので,服用中はグレープフルーツ,グレープフルーツジュースを摂取しないでください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アナフィラキシー
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……発疹,じん麻疹/クッシング様症状(にきび,満月様顔貌など),月経異常/神経過敏,不眠,気分動揺,ふるえ/霧視/動悸/便秘,消化不良/筋けいれん
(3)検査などでわかる副作用……肝機能異常/低カリウム血症

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤による副作用の発現リスクが高くなる可能性がある薬剤……CYP3A阻害薬(イトラコナゾール(深在性真菌治療薬)など)
9ページTOPへ▲

ゼンタコートの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

ゼンタコートのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲