オフェブ ベーリンガー (ニンテダニブエタンスルホン酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

おふぇぶ
オフェブ [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
呼吸器の薬/その他の呼吸器の薬
【解説タイトル/一般名】
特発性肺線維症治療薬(2) / ニンテダニブエタンスルホン酸塩
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 / 100mg 1カプセル 4,382.90円
カプセル剤 / 150mg 1カプセル 6,574.40円
【メーカー】
ベーリンガー
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
チロシンキナーゼ阻害薬(抗線維化剤)
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1回150mgを1日2回服用。状態により1回100mgに減量。
【識別コード】
100mg 包装コード:100mg: 本体コード: 100
150mg 包装コード:150mg: 本体コード: 150
【その他】
保険収載年:2015/8
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

オフェブの処方目的

特発性肺線維症
9ページTOPへ▲

オフェブの解説

特発性肺線維症は,慢性的に肺の線維化(正常な組織がコラーゲン線維などに変わってしまうこと)が進行して肺が硬くなる病気で,乾いたせきや呼吸困難などが現れます。特発性間質性肺炎の一種で,国の難病に指定されています。
本剤は,特発性肺線維症に対する初の分子標的治療薬です。肺線維症の発症機序に関与している血小板由来増殖因子受容体,線維芽細胞増殖因子受容体,血管内皮増殖因子受容体を標的とする低分子チロシンキナーゼ阻害薬で,これらの受容体のアデノシン5'-三リン酸(ATP)結合ポケットに競合的に結合し,肺線維芽細胞の増殖,遊走,形質転換を阻害して肺の線維化を抑制します。
9ページTOPへ▲

オフェブの使用上の注意

<警告>
 本剤の使用は,特発性肺線維症の治療に精通している医師のもとで行わなければなりません。

<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/血栓塞栓症の前歴およびその素因のある人/出血性素因のある人/抗凝固薬治療を行っている人
(3)定期的検査……本剤の服用によって肝機能障害が現れることがあるので,服用開始前および服用中は定期的に検査を行います。
(4)飲み忘れ……本剤の服薬を忘れた場合は,次の服薬スケジュール(朝または夕方)から推奨用量で再開してください。本剤の1日最大用量300mgを超えて服薬しないようにします。
(5)避妊……妊娠可能な女性は,本剤の服用中および服用終了の少なくとも3カ月後までは適切な避妊措置をとってください。
(6)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……一緒に摂取すると本剤の血中濃度が低下し,作用が弱まる可能性があるので,本剤の服用中はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないでください。
(7)その他……
・授乳婦での安全性……服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性……未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)重度の下痢。(2)肝機能障害。(3)血栓塞栓症(静脈血栓塞栓,動脈血栓塞栓)。(4)血小板減少。(5)消化管穿孔(せんこう)。(6)間質性肺炎。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)すぐに処方医に連絡する副作用……食欲減退,体重減少/下痢,悪心,腹痛,嘔吐,便秘/発疹/頭痛/出血
(2)検査などでわかる副作用……高血圧/肝酵素上昇(AST・ALT・AL-P・γ-GTP上昇など)/高ビリルビン血症

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の作用が強まる可能性がある薬剤……P-糖蛋白阻害薬(エリスロマイシン(マクロライド),シクロスポリン(シクロスポリン)など)
(2)併用すると本剤の作用が弱まる可能性がある薬剤……P-糖蛋白誘導薬(リファンピシン(リファンピシン),カルバマゼピン(カルバマゼピン),フェニトイン(フェニトイン)など)
9ページTOPへ▲

オフェブの海外評価

2.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

オフェブのプレグナンシー・カテゴリー

PC D プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲