グラナテック点眼液 興和=興和創薬 (リパスジル塩酸塩水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ぐらなてっくてんがんえき
グラナテック点眼液 [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
眼科の薬/緑内障の薬
【解説タイトル/一般名】
リパスジル / リパスジル塩酸塩水和物
【剤形/保険薬価】
液剤 / 0.4% 1mL 449.30円
【メーカー】
興和=興和創薬
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
緑内障・高眼圧症治療薬(Rhoキナーゼ阻害薬)
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
0.4% 包装コード:容器本体:透明 キャップ:濃緑 本体コード:
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

グラナテック点眼液の処方目的

緑内障,高眼圧症で,他の緑内障治療薬が効果不十分または使用できない場合
9ページTOPへ▲

グラナテック点眼液の解説

Rhoキナーゼは生体内に広く発現しており,この酵素の活性亢進が数々の病態を引きおこす原因となります。眼においては毛様体筋,線維柱帯などで発現しています。本剤にはRhoキナーゼを阻害する作用があり,線維柱帯‐シュレム管を介する主流出路からの房水の流出を促進して眼圧を低下させます。
9ページTOPへ▲

グラナテック点眼液の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)使用法など……(1)原則として仰向けの状態になり,まぶたを開いて結膜のう内に点眼し,1~5分間まぶたを閉じながら涙のう部を圧迫したあと目を開いてください。(2)ほかの点眼剤と併用する場合には,少なくとも5分間以上の間隔をあけて点眼してください。(3)ソフトコンタクトレンズ装着時の点眼は避けてください。本剤に含まれている成分がソフトコンタクトレンズに吸着されることがあります。
(3)その他……
・妊婦での安全性……有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性……原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性……未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

グラナテック点眼液の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

グラナテック点眼液のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲