スミスリンローション クラシエ (フェノトリン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

すみすりんろーしょん
スミスリンローション [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
皮膚病の薬/その他の皮膚病の薬
【解説タイトル/一般名】
スミスリン / フェノトリン
【剤形/保険薬価】
液剤 / 5% 1g 77.30円
【メーカー】
クラシエ
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
駆虫薬(ピレスロイド系)
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

スミスリンローションの処方目的

疥癬
9ページTOPへ▲

スミスリンローションの解説

疥癬は,ヒゼンダニと呼ばれるダニが皮膚表面の角質層に寄生しておこる感染症で,肌と肌が直接触れることで感染します。疥癬には大別して通常疥癬と角化型疥癬があり,ダニの数は1人あたり通常の疥癬では数十匹ですが,角化型では100万~200万匹といわれており,角化型は感染力が強くなります。
本剤は安全性が高いピレスロイド系の殺虫剤で,広く使用され,アタマジラミやケジラミなどのOTC薬などとしても販売されており,疥癬の治療薬として承認されました。なお,本剤の角化型疥癬および,その一種である爪疥癬における有効性・安全性は,使用経験がないため確立していません。
9ページTOPへ▲

スミスリンローションの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)使用方法……通常は,1週間隔で1回1本(30g)を頸部以下(頸部から足底まで)の皮膚に塗布し,塗布後12時間以上経過したのちに入浴やシャワーなどで洗浄,除去します。
(3)かゆみ……疥癬は多くの場合かゆみを伴いますが,本剤による治療初期に一過性にかゆみが増悪することがあります。
(4)その他……
・妊婦での安全性……有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性……原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性……未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

スミスリンローションの海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

スミスリンローションのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲