アデムパス バイエル (リオシグアト) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あでむぱす
アデムパス [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
血圧の薬/肺高血圧症の薬
【解説タイトル/一般名】
慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬 / リオシグアト
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 0.5mg 1錠 673.40円
錠剤 / 1mg 1錠 1,346.80円
錠剤 / 2.5mg 1錠 3,366.90円
【メーカー】
バイエル
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1回1~2.5mgを1日3回服用。
【識別コード】
0.5mg 包装コード:0.5 R: 0.5mg 本体コード::R 0.5
1mg 包装コード:1.0 R 1: 1.0mg 本体コード::R 1
2.5mg 包装コード:2.5 R: 2.5mg 本体コード::R 2.5
【その他】
保険収載年:2014/4
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アデムパスの処方目的

外科的治療不適応または外科的治療後に残存・再発した慢性血栓塞栓性肺高血圧症/肺動脈性肺高血圧
9ページTOPへ▲

アデムパスの解説

慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は肺高血圧症の一つのタイプで,肺血管の血栓塞栓により次第に肺動脈圧が上昇し,右心不全をおこすと考えられています。標準的な治療法は肺動脈血栓内膜摘除術(PEA)という外科手術ですが,この手術が不適応の人も多く,また手術ができてもCTEPHが残存・再発することも少なくありません。本剤は,このような人を対象とした薬剤で,肺動脈の血圧を低下させ,心臓の負担を軽減することで改善を図ります。
なお,肺動脈性肺高血圧症については,肺高血圧症のWHO機能分類クラスⅣにおける有効性・安全性は確立していません。
9ページTOPへ▲

アデムパスの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重度の肝機能障害(チャイルド・プー分類C)/重度の腎機能障害(クレアチニン・クリアランス15mL/min未満),または透析中の人/硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(亜硝酸誘導体)(ニトログリセリン,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド,ニコランジルなど)の服用中/ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬(肺動脈性肺高血圧症治療薬(3))(ホスホジエステラーゼ5阻害薬)(シルデナフィルクエン酸塩ほか) (シルデナフィルクエン酸塩,タダラフィル,バルデナフィル塩酸塩水和物)の服用中/アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール(深在性真菌治療薬),ボリコナゾール(深在性真菌治療薬)),HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬(2)) (リトナビル,ロピナビル・リトナビル配合剤,インジナビル硫酸塩エタノール付加物,アタザナビル硫酸塩,サキナビルメシル酸塩),オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル配合剤(C型肝炎治療薬(抗ウイルス薬4))の服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……抗凝固療法中の人/軽度または中等度の肝機能障害(チャイルド・プー分類AまたはB)/腎機能障害(クレアチニン・クリアランス15~80mL/min未満)/服用前の収縮期血圧が95mmHg未満の人/高齢者
(3)間質性肺疾患……間質性肺病変を伴う肺動脈性肺高血圧症の人は,間質性肺疾患の治療に精通した専門医に相談することが望まれます。特発性間質性肺炎に伴う症候性肺高血圧症を対象とした国際共同試験において,本剤投与群はプラセボ投与群と比較して重篤な有害事象および死亡が多く認められています。
(4)喀血……抗凝固療法中の人は喀血がおこりやすく,本剤の服用により重篤で致死的な喀血の危険性が高まる可能性があります。服用中は定期的にリスク(副作用)・ベネフィット(効きめ)を評価していきます。
(5)避妊……本剤を服用すると胎児に影響を及ぼす危険性があります。妊娠可能な女性は服用開始後から確実な避妊を行い,もし妊娠した場合もしくはその疑いがある場合は直ちに処方医へ連絡してください。
(6)禁煙……喫煙者は非喫煙者に比べて本剤の血漿中濃度が低下します。服用中はできるだけ禁煙するようにします。
(7)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……一緒に摂取すると本剤の作用が弱まる可能性があるので,本剤の服用中はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないでください。
(8)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいなどをおこすことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作には十分に注意してください。
(9)その他……
・授乳婦での安全性……原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性……未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)重度の喀血または肺出血。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)すぐに処方医に連絡する副作用……頭痛,浮動性めまい/鼻閉,鼻出血/悪心,胃・腹部痛,下痢,嘔吐,胃食道逆流,便秘,嚥下(えんげ)障害,胃炎,腹部膨満,胃腸炎/動悸,潮紅,失神/呼吸困難/貧血/末梢性浮腫,疲労,顔面浮腫
(2)検査などでわかる副作用……低血圧

<併用してはいけない薬>
(1)硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(亜硝酸誘導体)(ニトログリセリン,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド,ニコランジルなど)→収縮期血圧(最高血圧)の低下が認められています。(2)ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬(肺動脈性肺高血圧症治療薬(3))(ホスホジエステラーゼ5阻害薬)(シルデナフィルクエン酸塩ほか)(シルデナフィルクエン酸塩,タダラフィル,バルデナフィル塩酸塩水和物)→症候性低血圧をおこすことがあります。(3)アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール(深在性真菌治療薬),ボリコナゾール(深在性真菌治療薬)),HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬(2))(リトナビル,ロピナビル・リトナビル配合剤,インジナビル硫酸塩エタノール付加物,アタザナビル硫酸塩,サキナビルメシル酸塩),オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル配合剤(C型肝炎治療薬(抗ウイルス薬4))(ヴィキラックス配合錠)→本剤の作用が強まり,消失半減期も延長します。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の作用が強まるおそれがある薬剤……CYP1A1阻害薬(エルロチニブ塩酸塩(EGFR遺伝子変異陽性がん治療薬),ゲフィチニブ(EGFR遺伝子変異陽性がん治療薬)),シクロスポリン(シクロスポリン),CYP3A阻害薬(クラリスロマイシン(マクロライド),エリスロマイシン(マクロライド),ネルフィナビルメシル酸塩(エイズ治療薬(2)))
(2)併用すると本剤の作用が弱まるおそれがある薬剤……制酸剤(制酸剤)(水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム配合剤など),ボセンタン水和物(肺動脈性肺高血圧症治療薬(1)),CYP3A誘導薬(フェニトイン(フェニトイン),カルバマゼピン(カルバマゼピン),フェノバルビタール(バルビツール酸誘導体)など)
(3)本剤との併用で作用が強まるおそれがある薬剤……CYP1A1で代謝される薬剤(イストラデフィリン(イストラデフィリン),グラニセトロン塩酸塩(セロトニン拮抗型制吐薬),エルロチニブ塩酸塩(EGFR遺伝子変異陽性がん治療薬))
9ページTOPへ▲

アデムパスの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

アデムパスのプレグナンシー・カテゴリー

PC X プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲