ヘパリン類似物質クリーム 共和 (ヘパリン類似物質) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

へぱりんるいじぶっしつくりーむ
ヘパリン類似物質クリーム [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
その他の外用薬/その他の外用薬
【解説タイトル/一般名】
ヘパリン類似物質 / ヘパリン類似物質
【剤形/保険薬価】
クリーム剤 / 0.3% 1g 9.00円
【メーカー】
共和
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
血行促進・皮膚保湿剤
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ヘパリン類似物質クリームの処方目的

皮脂欠乏症(ゲル剤を除く),進行性指掌角皮症,凍瘡,血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛),肥厚性瘢痕(はんこん)・ケロイドの治療と予防,血栓性静脈炎(痔核を含む),外傷(打撲,捻挫(ねんざ),挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘(けんしょう)炎・筋肉痛・関節炎,筋性斜頸(乳児期)
9ページTOPへ▲

ヘパリン類似物質クリームの解説

日本では皮膚科・整形外科領域で広範に使用されていますが,海外では表在性静脈炎の治療など,かなり限定的な使用に留まっています。
9ページTOPへ▲

ヘパリン類似物質クリームの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*ヘパリン類似物質(ヒルドイドソフト軟膏)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……出血性血液疾患(血友病,血小板減少病,紫斑病など)/わずかな出血でも重大な結果をおこすことが予想される人
(2)その他……
・妊婦での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

ヘパリン類似物質クリームの海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

ヘパリン類似物質クリームのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲