コソプト配合点眼液 参天 (ドルゾラミド塩酸塩・チモロールマレイン酸塩配合剤) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

こそぷとはいごうてんがんえき
コソプト配合点眼液 [処方薬]



コソプト配合点眼液




【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
眼科の薬/緑内障の薬
【解説タイトル/一般名】
炭酸脱水酵素阻害薬 / ドルゾラミド塩酸塩・チモロールマレイン酸塩配合剤
【剤形/保険薬価】
液剤 /  1mL 599.80円
【メーカー】
参天
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
緑内障・高眼圧症治療薬
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

コソプト配合点眼液の処方目的

他の緑内障治療薬が効果不十分または使用できない場合の緑内障および高眼圧症
9ページTOPへ▲

コソプト配合点眼液の解説

眼に存在する炭酸脱水酵素を阻害して房水の産生を抑制し,眼圧を下降させます。チモロールマレイン酸塩との配合剤であるコソプトとアゾルガについては,外用03-08-01交感神経遮断薬(交感神経遮断薬)の注意も参照してください。
9ページTOPへ▲

コソプト配合点眼液の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*全剤の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い腎機能障害
[コソプト配合点眼液,アゾルガ配合懸濁性点眼液のみ]気管支ぜんそくまたはその前歴,気管支けいれん,重い慢性閉塞性肺疾患/コントロール不十分な心不全,洞性徐脈,房室ブロック(Ⅱ,Ⅲ度),心原性ショック
(2)使用方法……(1)点眼のとき,容器の先端が眼やまわりの組織に触れないように注意します。(2)点眼に際しては原則としてあお向けになり,患側のまぶたを開いて結膜のう内に点眼し,1~5分間まぶたを閉じて涙のう部を圧迫させた後,眼を開きます。(3)他の点眼剤を併用する場合,トルソプトとコソプトは少なくとも5分以上,エイゾプトとアゾルガは少なくとも10分以上,間隔をあけてから点眼してください。(4)エイゾプトとアゾルガに含まれているベンザルコニウム塩化物は,ソフトコンタクトレンズに吸着されることがあるので,点眼時はコンタクトレンズをはずし,15分以上経過後に再装用してください。
(3)危険作業に注意……エイゾプトあるいはアゾルガの点眼後には,一時的に目がかすむことがあるので,機械類の操作や自動車などの運転には十分に注意してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用する場合は授乳を中止(アゾルガは原則として使用しない)。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
[トルソプト点眼液,コソプト配合点眼液のみ](1)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。
[コソプト配合点眼液,アゾルガ配合懸濁性点眼液のみ](2)眼類天疱瘡(るいてんぽうそう)(結膜充血,角膜上皮障害,乾性角結膜炎,結膜萎縮,睫毛(しょうもう)内反,眼瞼眼球癒着など)。(3)気管支けいれん,呼吸困難,呼吸不全。(4)心ブロック,うっ血性心不全,脳虚血,心停止,脳血管障害。(5)SLE(全身性エリテマトーデス)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

コソプト配合点眼液の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

コソプト配合点眼液のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲