アボルブ グラクソ (デュタステリド) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あぼるぶ
アボルブ [処方薬]



アボルブカプセル0.5mg




【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
皮膚科・泌尿器科の薬/泌尿器科の薬
【解説タイトル/一般名】
5α還元酵素阻害薬 / デュタステリド
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 / 0.5mg 1カプセル 210.60円
【メーカー】
グラクソ
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
5α還元酵素阻害薬(前立腺肥大症治療薬)
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1日1回0.5mg(1カプセル)。
【識別コード】
0.5mg 包装コード:GX CE 2 本体コード:GX CE 2
【その他】
保険収載年:2009/9
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アボルブの処方目的

前立腺肥大症
9ページTOPへ▲

アボルブの解説

男性ホルモンの一種であるテストステロンは,5α(アルファ)還元酵素の働きによって活性の高いジヒドロテストステロンに変換され,前立腺肥大など男性特有の症状を引きおこすことがあります。本剤は,この5α還元酵素の働きを阻害し,ジヒドロテストステロンの産生を抑制することにより,肥大した前立腺を縮小させ,下部尿路症状の軽減や尿流の改善をもたらします。
同じ作用を有する5α還元酵素阻害薬には,プロペシア,ザガーロ(フィナステリドほか)があります。プロペシア,ザガーロの適応症が男性型脱毛症であるのに対し,本剤は,前立腺肥大症に適用されます。
9ページTOPへ▲

アボルブの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分および他の5α還元酵素阻害薬に対するアレルギーの前歴/重度の肝機能障害/女性/小児
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害
(3)服用法……(1)本剤は,内容物が口腔咽頭粘膜を刺激する場合がありますから,カプセルは噛んだり開けたりせずに服用してください。(2)服用開始すぐに改善が認められる場合もありますが,通常6カ月間の治療が必要ですので,勝手に服用をやめてはいけません。
(4)経皮吸収……本剤は皮膚を通して吸収(経皮吸収)されますから,女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れてはいけません。漏れた薬剤に触れたときには,直ちに石鹸と水で洗ってください。

<重大な副作用>
(1)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(じん麻疹,アレルギー反応,発疹,そう痒症,限局性浮腫,血管浮腫など)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……リビドー減退,浮動性めまい,抑うつ気分,味覚異常/勃起不全,乳房障害(女性化乳房,乳頭痛,乳房痛,乳房不快感),射精障害,精巣痛,精巣腫脹/脱毛症(主に体毛脱落),多毛症/腹部不快感,下痢/倦怠感
(3)検査などでわかる副作用……肝機能異常,血中クレアチンホスホキナーゼ増加

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の作用を強める薬剤……CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビル(エイズ治療薬(2))など)
9ページTOPへ▲

アボルブの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

アボルブのプレグナンシー・カテゴリー

PC X プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲