アラノンジー静注用 ノバルティス (ネララビン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あらのんじーじょうちゅうよう
アラノンジー静注用 [処方薬]








【種別】
注射薬
【大分類/中分類】
がんに使われる注射薬/代謝拮抗薬
【解説タイトル/一般名】
ネララビン / ネララビン
【剤形/保険薬価】
注射用剤 / 250mg50mL 1瓶 53,926.00円
【メーカー】
ノバルティス
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
抗悪性腫瘍薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
【識別コード】
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アラノンジー静注用の処方目的

T細胞急性リンパ性白血病,T細胞リンパ芽球性リンパ腫(いずれも再発または難治性の場合)
9ページTOPへ▲

アラノンジー静注用の解説

これまで標準的治療法が確立されていなかった,再発または難治性のT細胞急性リンパ性白血病,T細胞リンパ芽球性リンパ腫の治療薬として,初めて単剤での有効性が認められた抗がん薬です。
9ページTOPへ▲

アラノンジー静注用の使用上の注意

<警告>
(1)本剤は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,がん化学療法に十分な経験を持つ医師のもとで,適切と判断される人にのみ使用されるべき薬剤です。また,医師よりその有効性・危険性の十分な説明を受け,患者本人(もしくは家族)が納得・同意できなければ治療に入っていくべきではありません。
(2)本剤の投与後に,傾眠あるいはより重度の意識レベルの変化,けいれんなどの中枢神経障害,しびれ感,錯感覚,脱力・麻痺などの末梢性ニューロパシー,脱髄,ギラン・バレー症候群に類似する上行性末梢性ニューロパシーなどの重度の神経系障害が報告されています。これらの症状は,本剤の投与を中止しても完全に回復しない場合があります。神経系障害に対しては特に注意深く観察し,神経系障害の徴候が認められた場合には重篤化するおそれがあるので,直ちに投与を中止するなど適切な対応が必要となります。

<基本的注意>
(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……髄腔内化学療法の治療中または前歴/全脳・全脊髄照射の治療歴/腎機能障害/肝機能障害/高齢者
(3)危険作業に注意……本剤を使用すると,眠けを催すことがあります。高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分注意してください。
(4)避妊……本剤を使用中は避妊を心がけてください。動物実験で胎児の奇形および変異が報告されています。
(5)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)神経系障害(傾眠,末梢性ニューロパシー,感覚減退,錯感覚,てんかん様発作,進行性多巣性白質脳症など)。(2)血液障害(貧血,血小板減少症,好中球減少症,発熱性好中球減少症,白血球減少症)。(3)錯乱状態。(4)感染症(敗血症,菌血症,肺炎,真菌感染など)。(5)腫瘍崩壊症候群。(6)横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。(7)劇症肝炎,肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)おこることがある副作用……めまい,頭痛,ふるえ,運動失調,健忘,味覚異常,平衡障害/霧視/呼吸困難,せき,喘鳴(ぜんめい)/下痢,吐きけ,嘔吐,便秘,食欲不振,口内炎,腹痛/筋痛,筋力低下,関節痛,背部痛,四肢痛/むくみ,全身疼痛,発熱,疲労,歩行異常/発疹,紅斑
(2)検査などでわかる副作用……胸水,AST・ALT・ビリルビン増加/低カリウム血症,低血糖,低カルシウム血症,低マグネシウム血症,クレアチニン増加,低血圧,心室頻拍

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の作用が弱まるおそれがある薬剤……ペントスタチン(ペントスタチン
9ページTOPへ▲

アラノンジー静注用の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

アラノンジー静注用のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲