レンチナン静注用 EAファーマ (レンチナン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

れんちなんじょうちゅうよう
レンチナン静注用 [処方薬]








【種別】
注射薬
【大分類/中分類】
がんに使われる注射薬/免疫増強剤
【解説タイトル/一般名】
レンチナン / レンチナン
【剤形/保険薬価】
注射用剤 / 1mg 1瓶 5,170.00円
【メーカー】
EAファーマ
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
免疫増強性高分子グルカン製剤(しいたけ子実体)
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

レンチナン静注用の処方目的

手術不能または再発胃がんにおけるテガフール経口服用(テガフール)との併用による生存期間の延長
9ページTOPへ▲

レンチナン静注用の解説

シイタケから抽出された多糖体です。外敵から身を守るキラーT細胞やマクロファージなどの働きを活性化させる薬剤です。がんに対する抑制効果よりも,抗がん薬治療による免疫力低下を補う目的で使われることが多くあります。
9ページTOPへ▲

レンチナン静注用の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)使用してはいけない場合……本剤の成分によるショックの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……気管支ぜんそく・発疹・じん麻疹などのアレルギー症状をおこしやすい体質(本人および両親・兄弟姉妹)
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)ショック(口内異常感,悪寒,チアノーゼ,ふるえ,呼吸困難など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)おこることがある副作用……胸部圧迫感,咽頭狭窄感/発疹・発赤,じん麻疹,かゆみ/悪心・嘔吐,食欲不振/頭痛・頭重,めまい/多汗,発熱,潮紅,ほてり,脱力発作,痛みを伴う一過性の腰痛・背部痛,倦怠感
(2)検査などでわかる副作用……赤血球・血色素・白血球減少,好酸球増多/AST・ALT・AL-P・LDH・総ビリルビン上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

レンチナン静注用の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

レンチナン静注用のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲