オペプリム ヤクルト (ミトタン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

おぺぷりむ
オペプリム [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
がんに使われる内服薬/その他の抗がん薬
【解説タイトル/一般名】
ミトタン / ミトタン
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 / 500mg 1カプセル 921.60円
【メーカー】
ヤクルト
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
副腎がん治療薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
【識別コード】
【その他】
保険収載年:1984/3
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

オペプリムの処方目的

副腎がん/手術適応とならないクッシング症候群
9ページTOPへ▲

オペプリムの解説

殺虫剤DDTの誘導体で,副腎皮質への細胞毒作用,ステロイド合成阻害作用があり,副腎がん,クッシング症候群の治療に応用されました。
9ページTOPへ▲

オペプリムの使用上の注意

<警告>
 ショック時や重症の外傷を受けたときは,一時的に服用を中止してください。

<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……重症の外傷/スピロノラクトン(スピロノラクトン),ペントバルビタール(バルビツール酸誘導体)の服用中
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(3)慎重に服用すべき場合……副腎皮質からの転移腫瘍以外の肝疾患
(4)行動的・神経学的評価……長期連続大量服用により,脳の機能障害がおこることがあります。長期継続する場合は,一定期間ごとに行動的・神経学的評価を受けることが必要です。
(5)避妊……無月経の人が本剤を服用すると月経が再開することがあるので,服用中・服用終了後の十分な期間,避妊をしてください。
(6)危険作業に注意……本剤を服用するとめまい,嗜眠(しみん)などが現れることがあるので,自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には十分に注意してください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)胃潰瘍,胃腸出血。(2)認知症様症状,妄想。(3)紅皮症。(4)副腎不全。(5)低血糖。(6)腎機能障害(尿細管障害)。(7)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)おこることがある副作用……食欲不振,吐きけ,嘔吐,下痢,口内異常感,便秘,腹痛,口渇/発疹,脱毛,かゆみ,色素沈着,皮膚乾燥/歩行不安定,嗜眠(しみん),言語障害,頭痛,めまい,ふるえ,不穏,不安,もの忘れ,神経過敏,神経症,しびれ/女性化乳房,帯下増加,性器出血/貧血,眼底出血/むくみ,乏尿/動悸/全身倦怠感,味覚異常,耳鳴り,腰痛,発熱,のぼせ,脱力感,関節痛,筋肉痛
(2)検査などでわかる副作用……ACTH高値/γ-GTP・AST・ALT・AL-P上昇/総コレステロール上昇,低尿酸血症,低ナトリウム血症,低カリウム血症/白血球減少,血小板増多/血漿レニン活性上昇/高血圧,QT延長/脳波異常

<併用してはいけない薬>
(1)スピロノラクトン(スピロノラクトン)→本剤の作用が阻害されるおそれがあります。(2)ペントバルビタール(バルビツール酸誘導体)→ペントバルビタールの睡眠作用が弱まるおそれがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の作用が弱まる薬剤……エプレレノン(エプレレノン
(2)併用すると副腎皮質機能抑制作用が強まるおそれがある薬剤……トリロスタン(トリロスタン
(3)本剤との併用で作用が弱まるおそれがある薬剤……CYP3A4で代謝を受ける薬剤(ミダゾラム〈注射薬〉)
9ページTOPへ▲

オペプリムの海外評価

3.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

オペプリムのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲