ヒスロンH 協和キリン (メドロキシプロゲステロン酢酸エステル) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ひすろんえいち
ヒスロンH [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
がんに使われる内服薬/ホルモン剤・抗ホルモン剤
【解説タイトル/一般名】
黄体ホルモン(1) / メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 200mg 1錠 259.90円
【メーカー】
協和キリン
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
黄体ホルモン
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
200mg 包装コード:KH 405 200mg:HYSH 本体コード:KH 405
【その他】
保険収載年:1987/5
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ヒスロンHの処方目的

乳がん,子宮体がん(内膜がん)
9ページTOPへ▲

ヒスロンHの解説

合成黄体ホルモンの製剤で,高用量で用いることで抗エストロゲン作用を発揮して,乳がん,子宮体がんの増殖を抑えます。
9ページTOPへ▲

ヒスロンHの使用上の注意

<警告>
 本剤の服用中に重い動脈・静脈血栓症がおこり,死亡に至ったとの報告があります。

<基本的注意>
*メドロキシプロゲステロン酢酸エステル(ヒスロンH)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……血栓症をおこすおそれの高い次の場合→脳梗塞・心筋梗塞・血栓静脈炎などの血栓性疾患またはその前歴,動脈硬化症,心臓弁膜症・心房細動・心内膜炎・重い心不全などの心疾患,ホルモン剤(黄体ホルモン・卵胞ホルモン・副腎皮質ホルモンなど)の服用中,手術後1週間以内/妊婦または妊娠している可能性のある人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/診断未確定の性器出血・尿路出血・乳房病変/重い肝機能障害/高カルシウム血症
(2)慎重に服用すべき場合……血栓症をおこすおそれのある次のような場合→高血圧症,糖尿病,高脂血症(脂質異常症),肥満症,手術後1カ月以内/腎機能障害/心機能障害/うつ病またはその前歴/てんかんまたはその前歴/片頭痛/ぜんそく/慢性の肺機能障害またはその前歴/ポルファリン症
(3)定期検査……服用によって,脳梗塞,心筋梗塞,肺塞栓などの重い血栓症がおこることがあります。服用前,および服用中は定期的にFDP,α2プラスミンインヒビター・プラスミン複合体などの検査を受ける必要があります。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)脳梗塞,心筋梗塞,肺塞栓症,腸間膜血栓症,網膜血栓症,血栓性静脈炎など。(2)うっ血性心不全。(3)アナフィラキシー。(4)乳頭水腫(視力消失,眼球突出,複視,片頭痛)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)おこることがある副作用……満月様顔貌(がんぼう),子宮出血,月経異常,帯下(おりもの),無月経,多毛,乳房痛,脱毛,乳汁漏,クッシング様症状/糖尿病性白内障の悪化/しびれ,頭痛,ふるえ,めまい,筋けいれん,意識低下,抑うつ,多幸症,集中困難,眠け,不眠,神経過敏,無関心,錯乱,興奮/体重増加,発熱,倦怠感,疲労感/むくみ/視覚障害/黄疸/動悸,頻脈,息切れ/腹痛,悪心・嘔吐,食欲不振,食欲亢進,口渇,便秘,下痢/発疹,発汗,にきび,かゆみ,じん麻疹,潮紅/嗄声(させい)(しわがれ声),熱感
(2)検査などでわかる副作用……糖尿,耐糖能異常,糖尿病悪化/白血球増多,血小板増多/高カルシウム血症/LDH・AST・ALT上昇/血圧上昇

<併用してはいけない薬>
ホルモン剤(黄体ホルモン(黄体ホルモン),卵胞ホルモン(卵胞ホルモン),副腎皮質ホルモン(副腎皮質ステロイド薬)など)→血栓症をおこすおそれが高くなります。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

ヒスロンHの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

ヒスロンHのプレグナンシー・カテゴリー

PC X プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲