エストラサイト 日本新薬 (エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

えすとらさいと
エストラサイト [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
がんに使われる内服薬/ホルモン剤・抗ホルモン剤
【解説タイトル/一般名】
エストラムスチンリン酸エステルナトリウム / エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 / 156.7mg 1カプセル 337.80円
【メーカー】
日本新薬
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
アルキル化剤とホルモン剤の化合物
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
【識別コード】
156.7mg 包装コード: 401 本体コード: 401
【その他】
発売年:1984/4
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

エストラサイトの処方目的

前立腺がん
9ページTOPへ▲

エストラサイトの解説

卵胞ホルモンのエストラジオールと抗がん薬(アルキル化剤)を結合させた薬品で,1970年代から欧米で使用されています。日本では1983年に承認されましたが,現在の使用頻度はそれほど高くありません。
9ページTOPへ▲

エストラサイトの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物(エストラサイト)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤・エストラジオール・ナイトロジェンマスタードに対するアレルギーの前歴/血栓性静脈炎・脳血栓・肺塞栓などの血栓塞栓性障害,虚血などの重い冠血管疾患,またはその前歴/重い肝機能障害・血液障害/消化性潰瘍
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/心疾患またはその前歴/腎疾患またはその前歴/てんかん/糖尿病/血液障害
(3)飲食物……牛乳や乳製品,カルシウムを多量に含む食物,カルシウム製剤は本剤の作用を弱めるので,同時には摂取しないでください。
(4)二次発がん……本剤を服用した人(ホルモン療法または放射線療法などの併用例を含む)に,白血病,骨髄異常形成症候群,乳がんなどが発生したとの報告があります。
(5)頻回に検査……肝機能異常,血液障害などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(6)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が服用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。

<重大な副作用>
(1)血栓性静脈炎,脳血栓,肺血栓,脳梗塞などの血栓塞栓症。(2)心筋梗塞,心不全,狭心症。(3)呼吸困難を伴う血管浮腫(顔面・舌・声門・咽喉の腫れなど)。(4)胸水。(5)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)おこることがある副作用……貧血/むくみ/高血圧,心悸亢進/食欲不振,消化不良,悪心・嘔吐,腹痛,下痢,口渇/女性化乳房/発疹,かゆみ/息切れ/頭痛,胸痛,発熱,疲労,全身倦怠感,性欲減退,味覚異常
(2)検査などでわかる副作用……トリグリセリド上昇,BUN上昇,低タンパク血症/白血球・血小板減少,白血球増多/AST・ALT上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると血管浮腫がおこることがある薬剤……ACE阻害薬(ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬))(エナラプリル,イミダプリル,アラセプリル)
9ページTOPへ▲

エストラサイトの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

エストラサイトのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲