ファルネゾンゲル 大鵬 (プレドニゾロンファルネシル酸エステル) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ふぁるねぞんげる
ファルネゾンゲル [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
経皮吸収型の製剤/経皮吸収型の製剤
【解説タイトル/一般名】
経皮吸収型ステロイド薬 / プレドニゾロンファルネシル酸エステル
【剤形/保険薬価】
ゲル剤 / 1.4% 1g 18.90円
【メーカー】
大鵬
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
副腎皮質ステロイド薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
【識別コード】
1.4%(50g) 包装コード:TC 266 50g: 14mg/1g 本体コード:
1.4%(25g) 包装コード:TC 266 25g: 14mg/1g 本体コード:
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ファルネゾンゲルの処方目的

関節リウマチによる指,手,肘関節の腫脹・疼痛の緩解
9ページTOPへ▲

ファルネゾンゲルの解説

皮膚を通して吸収された後,患部でプレドニゾロンに変換されて効力を発揮します。皮膚疾患に用いる副腎皮質ステロイド外用薬と基本的には同じなので,同様の注意が必要です。
9ページTOPへ▲

ファルネゾンゲルの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)使用してはいけない部位……感染症のある関節/潰瘍・熱傷・凍傷など皮膚欠損がある部位
(3)妊婦……妊婦または妊娠している可能性のある人は,指,手,肘以外の広範囲にわたる大量使用・長期使用はしないでください。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

ファルネゾンゲルの海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

ファルネゾンゲルのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲