ワプロン口腔用貼付剤 救急薬品=武田テバファーマ=武田 (トリアムシノロンアセトニド) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

わぷろんこうくうようちょうふざい
ワプロン口腔用貼付剤 [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
その他の外用薬/その他の外用薬
【解説タイトル/一般名】
口内炎治療薬 / トリアムシノロンアセトニド
【剤形/保険薬価】
貼付剤 / 25μg 1枚 39.20円
【メーカー】
救急薬品=武田テバファーマ=武田
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
口腔内炎症治療薬
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
25μg 包装コード:QQ 590:25μg 本体コード:
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ワプロン口腔用貼付剤の処方目的

[デキサメタゾンの適応症]びらん・潰瘍を伴う難治性口内炎・舌炎
[トリアムシノロンアセトニド(軟膏)の適応症]慢性剥離性歯肉炎,びらん・潰瘍を伴う難治性口内炎・舌炎
[トリアムシノロンアセトニド(貼付剤)の適応症]アフタ性口内炎
[アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物の適応症]咽頭炎,扁桃炎,口内炎,急性歯肉炎,舌炎,口腔創傷
[デスパコーワ口腔用クリームの適応症]孤立性アフタ,アフタ性口内炎,褥瘡性潰瘍,辺縁性歯周炎
[ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの適応症]びらん・潰瘍を伴う難治性口内炎
9ページTOPへ▲

ワプロン口腔用貼付剤の解説

抗炎症作用のある副腎皮質ステロイドやアズレンを,口腔内で使用できる製剤としたものです。
9ページTOPへ▲

ワプロン口腔用貼付剤の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*アフタゾロン口腔用軟膏,アフタッチ口腔用貼付剤,サルコートカプセル外用などの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[デスパコーワ口腔用クリーム]口腔に結核性,ウイルス性、その他化膿性の感染症がある人/クロルヘキシジンに対するアレルギーの前歴
(2)特に慎重に使用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……口腔内に感染を伴う人
(3)使用方法……サルコートカプセル外用は口腔粘膜へ付着させる粉末剤なので,カプセルを服用してはいけません。専用の噴霧器を使って患部に噴霧します。
(4)発育障害……小児が,デキサメタゾン製剤,ケナログ口腔用軟膏,オルテクサー口腔用軟膏,デスパコーワ口腔用クリーム,サルコートカプセル外用を長期連用すると発育障害をおこすおそれがあります。
(5)その他……
[デキサメタゾン,トリアムシノロンアセトニド,デスパコーワ口腔用クリーム]
・妊婦での安全性:未確立。原則として長期使用しない。
[ベクロメタゾンプロピオン酸エステル]
・妊婦・授乳婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
[オルテクサー口腔用軟膏](1)口腔の真菌性・細菌性感染症。(2)(長期連用により)下垂体・副腎皮質系機能の抑制。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

ワプロン口腔用貼付剤の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

ワプロン口腔用貼付剤のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲