スレンダム軟膏 ポーラファルマ (スプロフェン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

すれんだむなんこう
スレンダム軟膏 [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
皮膚病の薬/湿疹・おでき類の薬
【解説タイトル/一般名】
非ステロイド抗炎症外用薬(皮膚炎用) / スプロフェン
【剤形/保険薬価】
軟膏剤 / 1% 1g 18.60円
【メーカー】
ポーラファルマ
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
非ステロイド系消炎・鎮痛薬
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
1% 包装コード:KY・SD-O 本体コード:
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

スレンダム軟膏の処方目的

[スプロフェンの適応症]急性湿疹,接触皮膚炎アトピー性皮膚炎,慢性湿疹,皮脂欠乏性湿疹,酒さ様皮膚炎,口囲皮膚炎帯状疱疹
[ベンダザックの適応症]褥瘡,放射線潰瘍,熱傷潰瘍/帯状疱疹,乳幼児湿疹,急性湿疹,慢性湿疹,接触性皮膚炎アトピー性皮膚炎,尋常性乾癬
9ページTOPへ▲

スレンダム軟膏の解説

副腎皮質ステロイド外用薬に匹敵する消炎作用を求めて開発されてきましたが,最も使用されていたブフェキサマク(アンダーム)が,その副作用(接触皮膚炎)リスクが治療上の便益を上回ると判定され,販売中止となったのは皮肉なことです。
9ページTOPへ▲

スレンダム軟膏の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*スプロフェン(スルプロチンクリーム,軟膏)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/オキシベンゾン,チアプロフェン酸,フェノフィブラート,ケトプロフェン(外皮用剤)に対するアレルギーの前歴

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

スレンダム軟膏の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

スレンダム軟膏のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲