アドソルボカルピン点眼液 日本点眼 (ピロカルピン塩酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あどそるぼかるぴんてんがんえき
アドソルボカルピン点眼液 [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
眼科の薬/縮瞳薬
【解説タイトル/一般名】
縮瞳薬 / ピロカルピン塩酸塩
【剤形/保険薬価】
液剤 / 1%5mL 1瓶 134.50円
液剤 / 2%5mL 1瓶 151.20円
【メーカー】
日本点眼
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
緑内障治療薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
【識別コード】
1% 5ml 包装コード:容器本体:白 キャップ:グリーン 本体コード:
2% 5ml 包装コード:容器本体:白 キャップ:鶯 本体コード:
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アドソルボカルピン点眼液の処方目的

[ピロカルピン塩酸塩の適応症]緑内障/診断または治療を目的とする縮瞳
[ジスチグミン臭化物の適応症]緑内障/[1%のみ]調節性内斜視,重症筋無力症(眼筋型)
9ページTOPへ▲

アドソルボカルピン点眼液の解説

眼の自律神経のうち副交感神経を刺激することで,瞳孔を縮小させたり,緑内障の治療に用います。
9ページTOPへ▲

アドソルボカルピン点眼液の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*ピロカルピン塩酸塩(サンピロ点眼液),ジスチグミン臭化物(ウブレチド点眼液)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……[ピロカルピン塩酸塩]虹彩炎
[ジスチグミン臭化物]前駆期緑内障/脱分極性筋弛緩剤(スキサメトニウム)の使用中
(2)危険作業……[ピロカルピン塩酸塩]使用後,縮瞳(暗黒感)または調節けいれんが回復するまで,自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事しないでください。
(3)使用法……原則として,横になって結膜のう内に点眼して,1~5分間まぶたを閉じていてください。その後,涙のう部を圧迫してから眼を開いてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:[ピロカルピン塩酸塩]原則として使用しない。[ジスチグミン臭化物]未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
[ピロカルピン塩酸塩](1)眼類天疱瘡(るいてんぽうそう)(結膜充血,角膜上皮障害,乾性角結膜炎,結膜萎縮,睫毛(しょうもう)内反,眼瞼眼球癒着など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
[ジスチグミン臭化物]脱分極性筋弛緩剤(スキサメトニウム,レラキシン〔注射薬〕)→本剤との併用で作用が強まるおそれがあります。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

アドソルボカルピン点眼液の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

アドソルボカルピン点眼液のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲