ダイアップ坐剤 高田 (ジアゼパム) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

だいあっぷざざい
ダイアップ坐剤 [処方薬]








【種別】
外用薬
【大分類/中分類】
催眠・鎮静薬/催眠・鎮静薬
【解説タイトル/一般名】
ベンゾジアゼピン系薬剤 / ジアゼパム
【剤形/保険薬価】
坐剤 / 4mg 1個 59.90円
坐剤 / 6mg 1個 68.20円
坐剤 / 10mg 1個 80.10円
【メーカー】
高田
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
催眠・鎮静薬
【規制】
【使用量と回数】
【識別コード】
6mg 包装コード:6mg TAKATA 本体コード:
4mg 包装コード:4mg TAKATA 本体コード:
10mg 包装コード:10mg TAKATA 本体コード:
【その他】
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ダイアップ坐剤の処方目的

[ブロマゼパムの適応症]麻酔前の鎮静・催眠
[ジアゼパムの適応症]小児における熱性けいれん・てんかんのけいれん発作の改善
9ページTOPへ▲

ダイアップ坐剤の解説

ジアゼパムの坐薬は熱性けいれんを経験した小児に対して予防的に使用されます。37.5度以上の発熱時に使用し,8時間後に解熱していない場合に再度使用するのが標準的です。参考:内服のベンゾジアゼピン系安定薬(ベンゾジアゼピン系安定薬)を参考にしてください。
9ページTOPへ▲

ダイアップ坐剤の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*ジアゼパム(ダイアップ坐剤)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……急性狭隅角緑内障/重症筋無力症/低出生体重児・新生児/リトナビル(エイズ治療薬(2))(HIVプロテアーゼ阻害薬)の服用中
(2)慎重に使用すべき場合……心障害,肝機能障害,腎機能障害/脳に器質的疾患のある人/中等度または重篤な呼吸不全/乳児/衰弱者
(3)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)大量連用による依存性,連用・大量使用時の急激な減量・中止によるけいれん,ふるえ,不安などの離脱症状。(2)(統合失調症などの人で)刺激興奮,錯乱。(3)(呼吸器疾患で)呼吸抑制。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>
リトナビル(ノービア)(エイズ治療薬(2))→過度の鎮静や呼吸抑制をおこすおそれがあります。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

ダイアップ坐剤の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

ダイアップ坐剤のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲