バイシリンG MSD (ベンジルペニシリンベンザチン水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ばいしりんじー
バイシリンG [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
抗生物質/ペニシリン系の抗生物質
【解説タイトル/一般名】
グラム陽性菌用ペニシリン / ベンジルペニシリンベンザチン水和物
【剤形/保険薬価】
顆粒剤 / 40万単位 1g 27.10円
【メーカー】
MSD
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
ペニシリン系薬剤
【規制】
【使用量と回数】
1回40万単位を1日2~4回。梅毒の場合は,1回40万単位を1日3~4回。
【識別コード】
【その他】
保険収載年:1961/9
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

バイシリンGの処方目的

リンパ管・リンパ節炎/咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染/梅毒/中耳炎,副鼻腔炎/猩紅熱(しょうこうねつ)/リウマチ熱の発症予防
[有効菌種]レンサ球菌属,肺炎球菌,梅毒トレポネーマ
9ページTOPへ▲

バイシリンGの解説

ペニシリンが効くのは,細菌の細胞壁の合成を阻害して,細菌を死滅させるためです。人間の細胞には細胞壁がないので,ショックを除けば比較的安全な薬といえます。ここで解説するペニシリン類の有効菌種に対する殺菌力は強力で,広域感性ペニシリン(広域感性ペニシリン)と同じ程度です。
なおショックとは,何らかの原因で心機能が抑制され,脳をはじめとして体中に血液が十分に流れていない状態のことで,とても危険な状態です。ペニシリンによるショック症状は,口内異常感,くしゃみ,冷や汗,しびれ感,悪心・嘔吐,尿意・便意,喘鳴(ぜんめい)(ゼイゼイ,ヒューヒューいう呼吸),胸内苦悶,呼吸困難などです。
9ページTOPへ▲

バイシリンGの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分によるショックの前歴
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……本剤の成分またはペニシリン系薬剤に対するアレルギーの前歴
(3)慎重に服用すべき場合……セフェム系薬剤(セフェム系抗生物質)に対するアレルギーの前歴/本人・両親・兄弟にアレルギー症状(気管支ぜんそく,発疹,じん麻疹など)をおこしやすい体質がある人/高度の腎機能障害
(4)定期検査……定期的に血液,腎機能の検査を受ける必要があります。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)ショック。(2)溶血性貧血。(3)間質性腎炎,急性腎不全。(4)偽膜性大腸炎(血便を伴う重篤な大腸炎)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発熱,発疹,じん麻疹など)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……下痢,悪心,食欲不振
(3)検査などでわかる副作用……好酸球増多/AST・ALTの上昇
(4)ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応……梅毒の人が服用すると,ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(発熱・全身倦怠感・頭痛などの発現,病変部の悪化)がおこることがあります。

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

バイシリンGの海外評価

3.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

バイシリンGのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲